関東大震災から100年。子育てファミリーが今すぐ始めたい防災は?子どもにSOSカードを持たせて【防災アナウンサー】

関東大震災から100年。子育てファミリーが今すぐ始めたい防災は?子どもにSOSカードを持たせて【防災アナウンサー】

1923年(大正12年)9月1日11時58分、神奈川県西部を震源としてマグニチュード7.9の地震が発生した関東大震災から今年で100年。今後30年以内に70%の確率でマグニチュード7クラスの首都直下地震が起きると予測され、最悪の場合死者はおよそ2万3000人とも予想されています。もし今、大地震が起こったら、私たちは大切な家族をどう守ったらいいのでしょうか。2023年9月初旬に、TSUTAYA BOOKSTORE MARUNOUCHIで行われた「ひと×まち防災トークセッション」の内容の一部をリポートします。

帰宅困難となったとき、離れている家族を守るには?

イベントでは、東日本大震災を経験した防災アナウンサー・奥村奈津美さんがゲストスピーカーとなり、企画運営の三菱地所グループ有志による「防災倶楽部」メンバーとともに、震災経験者の体験談も交えながらトークセッションが行われました。
参加者は、トークテーマごとに、配布された冊子「そなえるドリル」に書き込みをし、自分や家族の防災状況について再確認する形で進められました。

今、家族はどこにいる? どうやって連絡する?

イベント冒頭では、都市部で自身が勤務している日中に大地震が起きたと想定し、「そなえるドリル」に今現在の家族の居場所、電話番号、想定する避難先などを書き込んでチェックしました。子どもがどこにいるか、どこに避難する予定か、スマホの住所録を見ずに連絡先がわかるか・・・、参加者のなかには、意外と家族の居場所を把握していないことに驚く様子もみられました。

防災倶楽部のメンバーで宮城県石巻市に実家がある三輪さんは、「東日本大震災の直後に一度石巻の家族と電話がつながったあとは、4日間家族の消息がわからなくなってしまった」と言います。

「家族と連絡がつかないなか、実家の隣に建設中の工事現場があったことを思い出し、施工会社の連絡先を調べて現場の状況を教えてもらいました。現地は津波の影響で1メートル以上浸水している状況。施工会社の人が建設現場の屋上から実家を見て、衛星電話で教えてくれた様子では『家の2階に10人以上の人影が見える、妊婦さんもいる』とのことでした。義理の姉が臨月を迎えた妊婦だったので、そこに近所の方と一緒にみんなでいるとわかり、生きている、と知ることができ心から安心しました。反面、いつ救助されるのか、気が気ではない思いも。家族と電話で話すことができたのは1週間後でした」(三輪さん)

防災アナウンサーの奥村さんは、大災害発生時には家族の安否確認が難しくなるために「事前に家族で話し合い、連絡方法を確認しておくことが大切」と言います。

「今はスマートフォンに家族の連絡先を入れている人も多いと思いますが、充電が切れたら家族の連絡先すらわからなくなってしまうことも。緊急時の家族の連絡先はカードなどに記入して持ち歩くといいでしょう。また、大災害発生時には、電話回線がパンクしてつながらなくなることがあります。その場合は災害用伝言ダイヤル『171』で安否確認ができますが、録音や再生の利用をするときも、家族でどの電話番号を入力するかを確認しておく必要があります」(奧村さん)

平日の日中に、親は勤務先、子どもは小学校や保育園、など家族がバラバラの場所で過ごしているなら、子どもを迎えに行くまでにどれくらいの時間がかかりそうかも、子どもに伝えておきましょう。子どもの幼稚園や保育園側とも、親が帰宅困難になり迎えに行くことができない場合にどんな対応になるのか、どんな対応をするのかについての確認をしておくことも必要です。

関連記事:

ピックアップ

バースデイ、しまむら「かわいすぎて2色買い」「これは万能」今買うべきプチプラデニム4選
9月下旬、東京都、千葉県など7つの都県にインフルエンザ流行注意報が発令。秋冬の感染症どうなる?対策どうする?【小児科医】
「僕は5歳のときに小児がんになりました…」病気と闘う少年がレモネードの絵に込めた想い【体験談】
【薬剤師監修】子どもとの安全おでかけマニュアル。カバンに入れておく救急セットはこれだ!