日本人の多くが塩分を摂りすぎ!?不調の原因となる前に上手な付き合い方を知ろう

日本人の多くが塩分を摂りすぎ!?不調の原因となる前に上手な付き合い方を知ろう

毎日食べているけれど、その量は特に気にしていない人も多いのが「塩分」。「高血圧とかって、もっと歳をとってからの話でしょ…?」と思っている人も多いはず。でも、知らない間に塩分を摂りすぎていることが続くと、高血圧だけでなく、むくみはもちろん、骨粗しょう症、動脈硬化などの恐ろしい病気の原因となってしまうことも。そんな「塩分」について、松本クリニックの院長・糖尿病専門医でもある松本和隆さんに伺った。

塩分を摂りすぎると女性に多いむくみや、骨粗しょう症に関連することも

食事のカロリーや糖質量を意識している人は多いのに、塩分に気を付けているという人は少ない。では、知らず知らずのうちに塩分をたくさん摂りすぎていると、どうなるの?
「まず、血圧が高くなる危険性があります。食事で摂取した食塩は、消化管でナトリウムとなって吸収され、体内を循環します。血液中のナトリウムの濃度が高くなると、体はそれを薄めようとする。そこで水分を摂ろうとしてのどが渇いたり、水分の体外への排出(尿)を少なくして体内に水分を溜め込もうとします。その結果、血管を流れる血液の量が増えてしまうので、心臓はポンプの力(血圧)を上げてがんばってしまうのです」と松本さん。

それだけでなく、女性の悩みに多い「むくみ」にも関係することもあるそう。高血圧の状態が続くと心臓の働きも弱くなるので、血液をうまく送り出せなくなる。すると静脈に血液がたまり、むくみが起こってくることも。すべてのむくみに塩分が関わるわけでなないが、むくみやすい人は、一度塩分のことにも目を向けてみてほしいもの。
「また、骨粗しょう症にも関連しています。高血圧になると尿の中にカルシウムをたくさん排泄してしまうので、血液中のカルシウム濃度を維持するために、骨の中に蓄えているカルシウムを放出してしまうのです」(松本さん)。女性に多いといわれるむくみや骨粗しょう症にも関係することもあるという塩分。無関心ではいられないのでは?

ヘルシーなイメージの食品にも、塩分がたくさん含まれていることが。目に見えない塩分量も意識しよう

毎日何気なく食べてしまっている塩分。それでは、どんな食べ物には塩分が多いの?
「残業で夕食がとれないときなど、インスタントラーメンなどで簡単にすませることがあると思います。しかしカップ麺はとても塩分が高い食品。せめて汁は残すなどの工夫が必要です」と松本さん。カロリーだけでなく塩分の面からも、汁の完食は避けたほうがいいよう。

また、コンビニなどのおでんはヘルシーなイメージだが、しっかり煮込んであるため塩分が具材の芯までしみ込んでいる。そのため、全体としては塩分が高くなっているので、注意が必要だとか。
「ほかにも食パンやソーセージなどの加工食品や麺類などは、製造過程で塩分を多く必要とします。直接塩味を感じなくても、結構な量の塩分含有量があるのです。食品には見えない塩分が含まれていると、いうことにも気を付けていただくといいと思います」(松本さん)。
加工食品を多く摂る場合には、パッケージの塩分表示を見てみるなど、少し意識してみることも必要といえそう。

関連記事:

ピックアップ

【速報】東京ディズニーランド「スプラッシュ・マウンテン“びしょ濡れMAX”」を体験レポート!「SUISUI SUMMER」の限定グルメも
和歌山の名門酒蔵が手がける日本橋のどぶろく醸造所_MEETS SAKEBITO 最終回
六本木ヒルズに果実味あふれる「魅惑の夏フルーツ」が集結!話題のイタリア伝統菓子カッサータのデザートやご褒美パフェも
人気コスメ総選挙「夏に向けて引き締め!スリミングコスメ編」BEST3を発表!