秋の京都は“夕暮れ時”が格別!京都国立博物館で4日間限定の夕暮れイベント開催

秋の京都は“夕暮れ時”が格別!京都国立博物館で4日間限定の夕暮れイベント開催

47都道府県では、まだ知らなかったローカルのいいものに出会えるイベントがたくさん。ここでは日本有数のお祭りから地元の人と触れ合える小さな催しものまで、次の旅のヒントにしたいイベントを編集部がご案内。今回は11月に4日間限定で開催される、京都の秋を楽しむイベント「京都の秋は夕暮れ 特別イベント」を紹介します。隠れた夕焼けスポットである京都国立博物館で、地酒を片手に大人の時間を過ごす秋の京都旅に出かけよう。

隠れた絶景スポットで観賞する、美しすぎる夕焼けにうっとり

木々が赤く色づき始め、紅葉シーズンを迎える京都。紅葉の名所が多く点在する京都で、秋旅の新しい楽しみ方として、昼間の混雑がひと息つく“夕暮れ時”を楽しむ特別イベント「京都の秋は夕暮れ」が開催! JR東海「そうだ 京都、行こう。」キャンペーンの一環で、開催されるこちらのイベント。2019年11月16日(土)、17日(日)、23日(土)、24日(日)の4日間限定で、京都市内の隠れた夕焼けスポットである京都国立博物館の庭園エリアに夕焼け観賞専用スペースが登場。京都タワーの向こうに沈みゆく金色の夕日と、空が金色に染まる夕焼けをまったりと観賞することができるというもの。古典『枕草子』の中で、女流歌人・清少納言が「秋は夕暮れの頃がいい」と書き表すほどに美しい京都の夕焼けを満喫して。

夕日に照らされる紅葉も見どころ。京都の地酒を片手に京風おつまみをぱくり

このイベントの注目は、京都国立博物館の庭園エリアに登場するドリンク&フードを楽しめる飲食スペース! 夕焼けの時刻に合わせて、16:00~18:00の時間帯のみ出現するという、まさに夕焼けを楽しむためだけに作られた贅沢な空間です。また、夕焼けと一緒にいただくのは、京都伏見で古い歴史を持つ造り酒屋・月の桂のにごり酒と、生八つ橋や湯葉の佃煮サンド、ちりめん山椒がアクセントになった油揚げトーストといった、京都ならではのドリンク&ミニフードセット1000円。お酒を片手におつまみをつまみつつ、風流で贅沢な時間を満喫して。

関連記事:

ピックアップ

有機野菜&スパイスを使用!GINZA SIXバイヤーおすすめの野菜のおいしさが実感できるヴィーガンカレー
スープ専門店の本気カレー!西武池袋本店バイヤーおすすめのバターで仕上た北インド風カレー
老舗が作り出した自慢の品!東武百貨店 池袋本店バイヤーおすすめの惜しげなく松阪牛を使った上質カレー
国産牛スネ肉がとろける柔らかさ!エキュート品川バイヤーおすすめの老舗肉屋が愛情を込めて作ったビーフカレー