【動画あり】ヨガで腸活!?誰でもできる簡単な動きで、腸から全身の美と健康をサポート

【動画あり】ヨガで腸活!?誰でもできる簡単な動きで、腸から全身の美と健康をサポート

「お肌は腸のサイン」ともいわれるほど、便秘など腸の調子が悪いと、肌荒れや吹き出物など肌の調子にも現れることは実感している人も多いはず。また、腸を整えると免疫力が上がったり、肥満防止になるなど、さまざまな効果が。そんな「腸活」を簡単にできる3つのヨガを、「SPORTS STATION Hibiya Park」などで活躍する、ヨガインストラクターのsonokoさんに伺った。

アルダマツィエンドラ・アサナ(背骨を半分ねじるポーズ)
腹部の筋肉を刺激して、腸を活性化させよう





ひざにあてて体をツイストさせることで、背中の片側の筋肉と、腹部の筋肉が良く伸びるのがポイント。「腹部にある内臓器官も一緒にマッサージされ、腸をはじめとする消化器の働きも活性化してくれます。また、ヨガでは腸と心=メンタルもつながっているとされているので、お腹周辺を動かしてあげると、自律神経も整い、心身ともに巡りがよくなりますよ」とsonokoさん。副腎や肝臓、脾臓の分泌も整って、腎臓のサポートもしてくれるそう。

「アルダマツィエンドラ・アサナ」のやり方
1:床に座り、両足を前に出す
2:左ひざをたてて、左足を右ひざの外側に置く
3:右足をお尻のほうへ置く
4:右ひじをひざにあて、左側に上半身をひねる。目線は左後方を見るように
5:呼吸をして休んだら、反対側も同様に

なるべく力を抜き、おなかで呼吸するように意識しながらすると効果アップ!



シャヴァ・ウダラカルシャン・アサナ(ワニのポーズ)
腰回りがほぐれて、内臓も元気に動き出す





腰のこりをほぐしてくれ、固まった筋肉を緩める効果が。「腸周りの動きが刺激され、大腸・小腸ともに活性化します。内臓だけでなく、生殖器の働きも整います」とsonokoさん。簡単な動きなので、普段運動をやっていない人でも手軽にできるのがうれしい。きついと感じる人は、ひざの下に枕やクッションを置いて行ってもOK。ベッドの上で、寝る前に行っても効果的。

「シャヴァ・ウダラカルシャン・アサナ」のやり方
1:両手両足を広げて床に寝ころび、リラックス
2:右ひざを両手で森、胸のほうへ引き寄せる。このとき、モモの裏側が伸びているのを意識して
3:左手はひざにのせたまま、右手は横に伸ばす
4:左手で右足を左側にゆっくり倒す
5:顔を右側に向け、そのままリラックス

両肩は動かさないようにするのがポイント。できる人は5分間など、心地よいと感じる範囲で、できるだけゆっくりポーズをキープすると効果がアップ。



関連記事:

ピックアップ

見て、食べて、ひと夏のアート体験を!東京ミッドタウンで「MIDTOWN ART PALETTE」開催
【六本木ヒルズの最旬トピックス】人気チーズテリーヌ専門店がオープン!さらに「ひんやりスイーツ」も大集合
湘南・鎌倉のリゾートホテル5選。OZが提案する新しい旅のカタチは“ずらし夏休み”
水分補給だけじゃない!?猛暑を乗り切る熱中症予防&対策とは?