国際同性婚カップルのふたりぱぱ、日本滞在した3カ月、小学校の先生やクラスメイトは「ふたりぱぱ」ファミリーをどう受け入れたのか?

国際同性婚カップルのふたりぱぱ、日本滞在した3カ月、小学校の先生やクラスメイトは「ふたりぱぱ」ファミリーをどう受け入れたのか?

国際同性婚カップルとしてYouTube『ふたりぱぱ FutariPapa』で発信をしている日本人のみっつんさんとスウェーデン人のリカルドさん。2011年に結婚した2人は、2016年にアメリカでの代理母出産により男の子を授かり、現在はスウェーデンのルレオで暮らしています。7歳の息子くんは2023年の春の3カ月間を日本の小学校で過ごしました。日本滞在で感じたLGBTQに対する日本社会の変化や、スウェーデンの性教育などについて、みっつんさんに話を聞きました。

LGBTQに対して、日本社会のポジティブな変化を感じる

――息子くんは日本の学校の入学式前に校長先生と面談したそうです。同性婚家庭の保護者として感じたことを教えてください。

みっつんさん(以下敬称略) 今回、息子は1年生の4月から6月まで日本の小学校へ短期留学しました。入学式前に校長先生と面談をする際、ふたりぱぱの家庭についてどういう反応をされるかな、と少し心配でした。でも、僕が自己紹介してリカを「夫のリカルドです」と紹介したら、「はい、わかりました、ではおかけください」とすんなり受け入れてくれました。
「この子の保護者はこの2人の人」という感じで自然にとらえてくれ、めちゃくちゃあっさりだった印象です。校長先生が心配していたのは息子が日本語での授業にどのくらい対応できるかどうかだったようで、息子に対して「お名前は?」「好きな食べ物は?」などと基本的な質問を日本語でしていました。

おそらく先生方はいろんな家庭環境の子どもを見てきていて、すべての子どもに平等に教育機会を与えることを大切にしているんだと感じました。差別をせず、子どもを第一に考えてくれる、日本の教育のよさを実感しました。

――今回の滞在で、同性カップルに対する日本社会の意識の変化は感じましたか?

みっつん 日本に帰国するたびに、毎回とてもポジティブな変化を感じます。少しずつかもしれないけれど日本も確実に変化しているな、と思うんです。今回3カ月間滞在するなかで、学校や地域のみなさんが僕たち家族を自然に受け入れてくれました。僕の子ども時代には考えられなかった状況なんじゃないかな・・・。

また、滞在中には東京レインボープライドにも参加してそのにぎわいに驚きました。これだけたくさんの人がLGBTQに対して認知やサポートをしてくれ、パレードを楽しもうとしてくれているんだと、すごくうれしく感じました。また、僕自身にLGBTQに関する講演の依頼も多くいただき、社会や企業の関心や意識が高くなっている変化を感じました。

――2019年2月に始まった「結婚の自由をすべての人に」訴訟について、2023年6月には札幌、東京、名古屋、大阪、福岡の5つの地方裁判所で判決が言い渡され、大阪以外の4カ所で、法律上の性別が同じカップルが結婚できないことが​憲法違反だと判決がされました。司法の判断も変化しているのでしょうか?

みっつん 僕は全国5カ所で行われている裁判をスウェーデンにいるときでもずっと注視して、応援してきました。ちょうど今回の日本滞在中に名古屋にいる時期に、名古屋に住む1組のカップルが原告として立った裁判を傍聴することができました。
今回名古屋地裁で出された、法の下の平等を定めた憲法14条1項と、婚姻の自由を定めた24条2項に違反するという違憲判決は、全国5カ所の中でもいちばんすばらしい判決だと言われています。このことは、社会の意識が変化している証拠だと思いますし、同時に司法が社会の変化をとらえているとも感じました。傍聴していたみなさんと喜びを分かち合いましたし、一つの節目になった日だと思います。

ただその一方で、やはりまだまだLGBTQに対する差別的な発言があるし、心をえぐられるようなつらいニュースもありました。でも落ち着いて考えれば、これもLGBTQの権利などへの意識が高まった反動なのかもしれません。喜ばしくはないけれど、前進している証拠ととらえることで、ポジティブな社会意識の変化につながるんじゃないかと期待しています。

小学校の子どもたちにスウェーデンの授業をした中で・・・

――今回の日本滞在で、印象的だった出来事を教えてください。

みっつん 息子の担任の先生に「クラスの子どもたちにスウェーデンを紹介する授業をしてください」と頼まれて、スライドを作って1時間の授業をしました。自分たちのYouTube動画も交えながら「ここは夏は海だけど、冬には海が凍って車で走れるアイスロードになるんだよ。こんなに寒い場所が世界にあるんだよ」とスウェーデンでの暮らしを紹介しました。

その授業の中で「息子くんにはパパが2人いて、スウェーデン人のパパはスウェーデン語を話して、日本のパパは日本語を話すよ」と、僕たち家族の紹介もしました。授業の中で「パパが2人の家庭もある」とさらっと伝えられる機会をいただけたことはすごくありがたかったです。

――子どもたちはどんな反応でしたか?

みっつん 「へぇ〜」という感じで素直に聞いてくれて「YouTube見たことある!」と言ってくれる子もいました。また、「知ってる!42歳のパパと47歳のパパでしょ!」と反応してくれた子もいました。その子は息子の登下校時に仲よくなっていたのですが、僕とリカと息子と3人でいるときに僕とリカの年齢を聞かれて、「42歳と47歳だよ」と答えたのを覚えていたようです。
息子の家族のことを「2人のパパがいる」という性別のことではなく、「42歳と47歳の親がいる」と年齢を特徴として覚えていたんですね。子どもらしい素直さがとっても面白いと感じて、僕と担任の先生は思わず顔を見合わせて笑ってしまった出来事でした。

関連記事: