冬はショコラが美味しい季節。「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」の試食会で、新作ショコラをいただいてきました!

冬はショコラが美味しい季節。「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」の試食会で、新作ショコラをいただいてきました!

12月に入り、2016年も残すところあとわずか。すっかり寒くなり、冬らしくなってきましたね。そんな冬といえば、ショコラが美味しい季節。「La Maison du Chocolat(ラ・メゾン・デュ・ショコラ)」さんからは、個性豊かな新作ショコラ3コレクションが登場しています!さっそく試食会におじゃましてきました。

寒い時期に、ひと粒。小さな幸せを。

はじめまして。このアイデアでLIMIA公式ライターデビューします、Litcheeです。

残り1ヶ月を切った2016年。気がつけば秋も終わり、季節は完全に冬。日を追うごとに寒さが増していっていますね。
冬は、寒さに耐えないといけないし、日も短いし…。ちょっと気が滅入りそうにもなりますが、そんな厳しい季節に、美味しいひと粒は小さな幸せを添えてくれます。

そう、ショコラです!
(ちょっと無理やりな展開だとは言わせません)

甘いものはいつでも私たちの味方ですよね。

そんなわけで、今回は世界的にも有名なショコラティエ「La Maison du Chocolat(ラ・メゾン・デュ・ショコラ)」の試食会におじゃまして、新作ショコラ3コレクションをいただいてきました。
簡単にではありますが、その様子をお伝えします! …と、その前に。

チョコレート界を育てた「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」

みなさんは、ラ・メゾン・デュ・ショコラをご存知ですか?

ラ・メゾン・デュ・ショコラは、1977年にフランス・パリに第1号店をオープンして以来、これまで約30年にわたって世界のチョコレート界を牽引してきたショコラティエです。

創業者のロベール・ランクスは、その巧みなテクニックでさまざまなガナッシュ(=トリュフなどに使われる、チョコレートと生クリームを混ぜ合わせたもの)を考案。哲学者のジャン=ポール・アロンから「ガナッシュの魔術師」という異名を贈られたほどでした。

ランクス氏はチョコレートという素材を斬新な切り口からとらえ、それまでになかったショコラを多く生み出しました。今日あるショコラの基盤を築いたランクス氏は、その功績から「チョコレートを “かじる” ものから “味わう” ものに変えた人物」とも言われているそう。

繊細につくられた美味しいショコラを今の私たちが味わえているのは、彼のおかげでもあるのかも…?

現在は、M.O.F(フランス国家最優秀職人章)ショコラティエ部門を受賞したニコラ・クロワゾーがロベールの後を継ぎ、ブランドの味を一手に任されています。
ロベールの時代から変わらず、今も素敵なショコラを多く世に送り出しています。

関連記事:

ピックアップ