意外と知らなかった!抱っこのキホン【助産師監修】

意外と知らなかった!抱っこのキホン【助産師監修】

この記事では、助産師監修のもと、抱っこの仕方のキホンを解説しています。動画を参考に、赤ちゃんに安心感を与える抱っこをマスターしましょう。

赤ちゃんがなかなか泣き止まなかったり、寝てくれなくて長時間抱っこしていると、さすがにママも体がキツくなってきますよね。そういった悩みは、姿勢を少し見直すだけで解消できるかもしれません。

抱っこ姿勢の見直しで解決することは?

●高めの位置で抱っこすることにより、重心が合い、手首への負担が少なくなります。腱鞘炎の予防にも
●赤ちゃんがラクだと感じる体勢になることで、反り返りなども防げます
●どんどん大きくなってくると、抱っこが大変に。足をM字に開かせることで赤ちゃんのほうからママにしがみついてくれるので、素手での抱っこがラクになります

たて抱き(コアラ抱っこ)


1.寝ている赤ちゃんを迎えにいくように体を近づけて抱き寄せます


2.赤ちゃんのおしりが、ママのおへそよりも高い位置にくるようにします


3.赤ちゃんのおしりから太ももにかけてを撫で上げるようにしながら、赤ちゃんのお膝がおしりよりも高い位置にくる形で両足をM字に開きます。足がM字になっていると、自然と腰からおしりのあたりにカーブができて、ママの胸のところに持たれかかるような体勢になり、反り返りにくくなります


4. 赤ちゃんのおしりの下に腕を入れ、肘から手首の広い面積で赤ちゃんのおしりを支えます。このとき、手のひらを下に向けると手首に負担がかからなくなります


5.最後にポイントを見直し!
□赤ちゃんの位置は、頭・おでこにキスができる距離になっている? 
□赤ちゃんのおしりがママのおへそと同じかそれ以上の高さにある?
□赤ちゃんの足はM字に開いている?
□赤ちゃんの腰からおしりにかけて丸くなっている?
□ママの胸にもたれかかるような形になっている?

関連記事:

ピックアップ

「私の手には負えん」彼は恋愛対象に…なるの?/相席施設で運命の人
保育園のお昼寝布団選びに苦戦…!理想的な敷布団を見つけて大満足♪【ママの体験談】
「こ、心強い!」転院の不安が軽くなった理由は…/40代婦人科トラブル#17
「やっちゃったー!」お泊まりデート中のハプニング!彼が寝ている間に…