ごめんね…。2人目が生まれても上の子を大事にしよう!と思っていたのに

ごめんね…。2人目が生まれても上の子を大事にしよう!と思っていたのに

1人目で母乳が出なかったママが、2人目で母乳育児に成功するも、1人目を抱っこできないほどのおっぱいの痛みを経験。母乳・育児用ミルク、どちらでも子どもの成長を楽しむことの大切さを感じた体験談です。

2人目が生まれても上の子を大事にしてあげよう! 多くの育児書にも書かれている通り、私もそう思っていました。それなのに…… 抱っこしてあげられなかった、次男授乳時のことをお話しします。

初めての赤ちゃん。おっぱいが出ない!?

小さくて柔らかい赤ちゃんの口に乳首を含ませるのは、とても不思議な心地。「大きくなってね」という願いを込めても、私のおっぱいからは母乳は出ませんでした。赤ちゃんが起きている時間のほとんどで授乳にチャレンジしても、滲む程度の母乳しか出ず、「おっぱいが出なくてごめんね」と思い悩む日々。


しかしそんな私を元気づけてくれたのは、育児用ミルクを飲んで元気いっぱいに育つ長男でした。哺乳瓶をくわえながら眠ってしまう顔はとても幸せそうで、私は気持ちを切り替えて、完全ミルクで育てることにしました。

次こそはと挑んだ次男の母乳育児

長男をはぐくんでくれた育児用ミルクに感謝しながらも、母乳をあげてみたいという思いを抱いていた私は、次男で再び母乳育児に挑戦! 初めて母乳が出たときはとてもうれしかったことを今でも覚えています。しかし、母乳育児には母乳育児の大変さが……。


母乳で張ったおっぱいは下着がすれるだけで痛く、長男を抱っこできない状態に。途中から乳首も切れてしまったので、思うように体を動かすことができませんでした。「おっぱいが痛くて抱っこできないの」と長男に話しましたが、まだ2歳前の長男には理解できるはずもなく、寂しい思いをさせてしまいました。

関連記事:

ピックアップ

子どもの髪型に口を出しすぎる両親…。我慢の限界だった妻がとった強行策とは!?【パパの体験談】
「赤ちゃんできて浮かれてる」さらに追い討ちをかけてくるママ友に絶句#ママ友トラブル4
「お父さんと彼が…」そんなことある!?意識していなかった彼と偶然が重なり…
「俺、幹事だから」陣痛がきた日の夫の電話。温度差に怒りと悲しみが湧いて…