【作ってみた】マックのベーコンポテトパイ再現クッキングに挑戦!失敗作から学んだ作り方【売ってなければ作ればいいのよ】

【作ってみた】マックのベーコンポテトパイ再現クッキングに挑戦!失敗作から学んだ作り方【売ってなければ作ればいいのよ】

マクドナルド(マック)で人気のサイドメニュー、ベーコンポテトパイ。期間限定で時々お店に登場するものの、その期を逃したら次の販売開始までお預け状態になってしまいます。もちろん本家本物には敵わないけれど、売ってない時に食べたくなったらそれはそれでツライ……。ならば奥の手!『売ってなければ作ればいいのよ』というわけで、無謀にもベーコンポテトパイ再現クッキングにチャレンジしてみました!!

ミヤモトテルは知っている…じゃなくて、38歳の私は知っている。ベーコンポテトパイって昔はレギュラーメニューだったのよ

マクドナルド(マック)で人気のサイドメニュー、ベーコンポテトパイ。昭和53年生まれの私にとってベーコンポテトパイは、(昔だったらレギュラーメニューでいつでも食べられたのになぁ…)という想いが強い。
そう、さかのぼることウン十年前。ベーコンポテトパイは、1990年から2002年までの間であれば、レギュラーメニューとして食べたい時にいつでも買えたのです。
その当時はホットアップルパイとベーコンポテトパイがメニューに並び、二つのパイのうち、どちらを買おうか悩むのも楽しかったり(遠い目)。
甘いパイか、いや、しょっぱいパイか……、
子供の頃は、カウンターで注文する母親の横で『オトナになったら一度に両方買えるお金持ちになってやるんだ!』とよくわからない野望を抱いていたものです。

まあ、オトナになった頃にはそんな野望も薄れ、
「いつでも買えるよ、ベーコンポテトパイ」
と、余裕ぶっこいてたんですけどね。

それがまさか、レギュラーメニューから消えてしまうなんて!!
油断大敵とは、まさにこの事である。

現在、ベーコンポテトパイは復活こそしましたが、期間限定発売。
すっかりイレギュラーの人となってしまいました。

不思議なもので、「いつでも食べられる」から「期間限定発売」となると、更に魅力は増し、無性に食べたくなる。
これを私は「逢いたい時にあなたはいない…現象」と呼んでいる。
中山美穂主演の月9である。
平成生まれの若者は知らないであろう。でもそんなことはこの際遠い何処かへ置いておく。
遠い何処か、といえばこのドラマも遠距離恋愛の話だったっけ……。

話をベーコンポテトパイに戻しましょう。

とにかく、食べたい時に食べられないのは辛いのである。
また発売される時期まで待つなんて、耐えられないのである。

“パンがなければお菓子を食べればいいじゃない”

その時、私の脳裏にこの言葉が浮かび上がった。
かの有名な、マリー・アントワネットの言葉である。
食糧難にあえぐ民衆に、マリー・アントワネットは「パンがなければお菓子を食べればいい」と言い放った。
この出来事は、“マリーは飢えを知らず、世間知らずなひどい人”と彼女を印象つけるものとなりましたが、真実は違うものだったという説も出てきていますね。
フランス革命近辺の時代は、パンよりお菓子の方が安かったわけです。だから、マリー・アントワネットは「パンは高いけれど安いお菓子なら食べることができる」という意味を込めて「パンがなければお菓子を食べればいい」と発言した、と(諸説あり)。

私の頭の中のマリー・アントワネットは、こう言った。
「売ってないのならば作ればいいのよ」。

I can do it.

関連記事:

ピックアップ

キッズ向けレーベル「BEAMS mini」からボーイズ&ガールズラインが登場♪
新感覚の毛玉予防アイテム。毛玉を「防ぐ」衣類スプレー発売決定!
懐かしいけど新しい!「3COINS×PAC-STORE」コラボアイテムが新登場♪
家中の雑貨にムーミンが!?ディノスオリジナルの、「ムーミン」の北欧インテリアアイテムに注目