アトラクションも充実!静岡県伊東市の伊豆ぐらんぱる公園で「伊豆高原グランイルミ」【イルミネーション2019】

アトラクションも充実!静岡県伊東市の伊豆ぐらんぱる公園で「伊豆高原グランイルミ」【イルミネーション2019】

静岡県伊東市の伊豆ぐらんぱる公園では、「日本初!体験型イルミネーション 伊豆高原グランイルミ ~5thシーズン~」を2020年8月末日(予定)まで開催中。イルミネーションを見ながら遊べるアトラクションも充実。体験型イルミネーションならではの展開を楽しんで。

巨大ビジョンやオーロラに地上絵も!個性的なショータイム

「フルカラーレーザーショー」

イルミエリアでは、10分間隔で3つのショータイムを実施。横60mの巨大なLEDビジョンに音楽とコラボレーションした映像が映し出される「グランビジョンショー」は、「イルミ広場」奥のガゼボ(あずまや)周辺から観ると、イルミネーションとビジョンを同時に鑑賞可能。もちろん、もっと近くで見れば迫力の映像美を堪能できる。

複数の場所からレーザーが照射される「フルカラーレーザーショー」は、イルミ広場のどこからでも鑑賞できる夜空のアート。広場から見上げると、光がまるでオーロラのように見えるのが幻想的で美しい。

曲に合わせてイルミネーションが踊りだすような「光と音のショー」は、高台に位置する「絶景展望台」から「イルミ広場」を見渡しながら鑑賞するのがおすすめ。高台からだと、「イルミ広場」の地上絵に何が描かれているのかが分かるのも面白い。

恐竜のライトアップや、夜行性動物の「イルミ de ZOO」も

左/「ディノエイジウォーク」 右/「イルミ de ZOO」のキンカジュー

ステゴサウルスやトリケラトプス、全長12mのティラノサウルスなど、約20体のライトアップされた動く実物大恐竜に歩いて近づける「ディノエイジウォーク」も登場。

「ディノエイジカート」(1人乗り400円、2人乗り600円、運転者は身長135cm以上、幼児は要保護者同伴)では、恐竜たちの棲むエリアを、ゴーカートで駆け抜けることができる。

また、伊豆シャボテン動物公園からやってきた夜行性動物、アライグマ科の珍獣・キンカジューやスローロリス、モルモットなどが暮らす「イルミ de ZOO」では、エサやり体験ができる。もしかしたらキンカジューが壁を登る、ボルダリングの様子が見られるかも。

関連記事:

ピックアップ

大人のチョコレート・クリスマスケーキ15選<2022>世界的ホテルパティシエたちが贈る、ショコラの甘くてビターな幸せを
「チャイニーズ・アフタヌーンティー」冬の飲茶とスイーツがすごい!ANAインターコンチネンタルホテル東京で読者がレポート
サウナ好き達が作った"サウナーのための"新ヘアケア!サウナ専用シャンプー「SAUNOA(サウノア)」誕生
グランド ハイアット 東京「バニー&ストロベリー アフタヌーンティー」うさ耳を飾ったいちごスイーツがビュッフェスタイルで