ママが実践!PMSの不快症状を改善するための食事

ママが実践!PMSの不快症状を改善するための食事

こんにちは。ママライターの渡瀬文葉です。ホルモンバランスが乱れる原因に食生活が大きく影響しているといわれています。ふだん当たり前のように食べていた食事がPMS(月経前症候群)を悪化させているかもしれません。ここでは、私が気を付けている、ホルモンバランスを整えてPMSの不快症状を改善する食事やおすすめの食材をご紹介します。

 

こんにちは。ママライターの渡瀬文葉です。ホルモンバランスが乱れる原因に食生活が大きく影響しているといわれています。ふだん当たり前のように食べていた食事がPMS(月経前症候群)を悪化させているかもしれません。ここでは、私が気を付けている、ホルモンバランスを整えてPMSの不快症状を改善する食事やおすすめの食材をご紹介します。

 

血糖値を安定させる

 

血糖値を急激に上げると、その後急激に血糖値が下がるといわれています。その影響で、イライラしたりするのだとか。まず私は、血糖値を安定させるためにこまめに食事をとり、血糖値の上がらない低GI値の食材を選ぶことを心がけています。

 

高GI値には、クロワッサンや白米、白砂糖の入ったお菓子などがあり、低GI値には全粒粉のそば、玄米、豆腐、海藻類などがあります。さつまいもは炭水化物のなかでもGI値が低い食材のようです。

 

GI値の低い食材を中心に食べる

 

食事の間隔は3時間置きがいいと聞いたので実践しています。また、ナッツや豆乳などを間食に取り入れることで、血糖値の急激な上昇を防ぐことができるのだそうです。

 

低GI食品を心がけるようになってから、イライラすることが減ってきたように思います。また、ふだんの食事メニューを低GI値食材を中心に献立をつくり、血糖値を安定させるように心がけています。

 

関連記事:

ピックアップ

「産みたかったのに…」医師の衝撃発言でショックのあまり言葉を失い…【2人目は巨大児32】
「感動…!」泣いていた娘がスヤスヤ!寝かしつけがスムーズになった抱っこひも【体験談】
「忘れた…!」男性ばかりの職場で動けない!そのとき、上司から…!?
陣痛が3分間隔!いよいよお産突入!まさかの事態が発生し…【4人目ドタバタ無痛分娩レポ16】