ダメと言うことをわざとする子どもの心が読めない!対処法は?

ダメと言うことをわざとする子どもの心が読めない!対処法は?

こんにちは。ママライターの田中由惟です。私の息子のイヤイヤ絶頂期は2歳前半。ダメと言ってもわざとやることが多く、大変な思いをしました。むしろ注意されていることをおもしろがって行うことも。今回はそんな悩みに、どう対処していけばいいのか体験を交えてお伝えします。

 

こんにちは。ママライターの田中由惟です。私の息子のイヤイヤ絶頂期は2歳前半。ダメと言ってもわざとやることが多く、大変な思いをしました。むしろ注意されていることをおもしろがって行うことも。今回はそんな悩みに、どう対処していけばいいのか体験を交えてお伝えします。

 

泣くマネをして子どもの注意をひく

 

息子は動くことが大好き。その分、危険なことも多くて目が離せません。ジャンプ遊びをしようと、テーブルやイスの上によじ登っていました。子どもからすると、結構の高さ。バランスを崩すとケガにつながるので、注意するものの、聞く耳を持ちません。むしろ怒る私の反応をおもしろがっている様子。

 

そこで私は「降りてくれないから悲しいよ」と泣くマネをしてみたんです。すると、ママがかわいそうだと思ったのか、ジャンプを中断したこともありました。

 

すごい剣幕で子どもに接する

 

何度言っても話を聞かない。つい手が出そうになりました。今だから分かることですが、力ずくで子どもをコントロールするのは難しいということ。暴力は恐怖感を覚えさせるだけです。

 

私が1~2回言ってもやめないとき、周囲に迷惑がかかることでなければ、私はいったん無視します。子どもが満足したあと、「どうしてやめなかったの?」とすごい剣幕で子どもに接します。すると子どもがハッとすることが多く、わが家ではいちばん効果的でした。

 

関連記事:

ピックアップ

「断られる?」上から目線!?な私の返事に、彼は黙ったままで…/結婚相談所-夫編-
バァン!自分の思い通りにならず、まさかの行動に…!【保育園のお話 手がかかる子!?編3】
「なるべく安く」で失敗!?最初から電動を買えばよかった⋯搾乳器購入で後悔したこと
3年間で133.2万円も?幼児教育・保育の無償化の概要と注意点をおさらい