台湾や北海道のスイーツも!「マロニエゲート銀座2」の地下階『マロチカ』に話題のグルメが続々登場

台湾や北海道のスイーツも!「マロニエゲート銀座2」の地下階『マロチカ』に話題のグルメが続々登場

2019年11月22日(金)に、銀座初出店を含む8店舗がオープンした「マロニエゲート銀座2」の地下階『マロチカ』。地下2階のフーズフロアには、国内外で人気のこだわりスイーツ店やピリッとおいしい坦坦麺の専門店など、銀座初出店を含む話題のショップが新登場。

【YATSUDOKI】八ヶ岳山麓の自然の恵みから生まれたこだわりスイーツ





YATSUDOKI 左/「国産和栗の生モンブラン」704円 右/「八ヶ岳南牧村契約農場しぼりたて牛乳のカスタードシュー」275円

山梨発祥のお菓子メーカー「シャトレーゼ」が、都市型ブランドとして展開する「YATSUDOKI(やつどき)」では、八ヶ岳山麓の豊かな大地から生まれた自然の恵みを、こだわりスイーツに仕立てて提供する。

「国産和栗の生モンブラン」(704円)は、和栗の持つ素材本来のおいしさを堪能できるワンランク上のモンブランケーキ。しぼりたてのモンブランクリームは、栗の芳醇な香りが口いっぱいに広がって、コクのある甘さの純生クリームとの相性もぴったり。

「八ヶ岳南牧村契約農場しぼりたて牛乳のカスタードシュー」(275円)の、発酵バターの芳醇な香りが広がる香ばしいシュー皮は、厚いのに歯切れと口溶けがいいのがポイント。このシュー皮に、濃厚なマダガスカル産やタヒチ産バニラとコク味あふれる特別飼育卵、風味豊かな北海道産純生クリームで作った贅沢カスタードクリームをたっぷり詰め込んでいる。

こだわりのおいしさに、ちょっと贅沢な「おやつの時間」が楽しめそう。



【Meet Fresh 鮮芋仙】世界で人気の台湾王道スイーツ。日本限定メニューも!





Meet Fresh 鮮芋仙 ※写真はイメージ

手づくりにこだわった台湾の王道スイーツが人気を呼んで、現在では世界に800店以上を展開する「Meet Fresh 鮮芋仙(ミートフレッシュ シェンユイシェン)」。

日本限定メニューの「紫黒米&ミルク豆花(HOT・ICE) 」(Lサイズ880円/Mサイズ550円)では、豆乳で作ったヘルシーな「豆花(トウファ)」との相性がよく、まろやかな味わいのココナッツ風味ミルクソースを使用。

伝統的な台湾スイーツ「芋園(イモエン)」(Lサイズ880円/Mサイズ550円)は、サツマイモやタロイモが入ったカラフルなもちもち団子に、大粒のタピオカや小豆などをトッピングしたもの。素朴な味わいが人気の看板メニューとなっている。

「クセになる」という台湾特有のハーブ食材を使ったシャーベットやゼリー入りの「仙草オリジナル(ICE)」(Lサイズ935円、Mサイズ605円)も低カロリーでヘルシー。台湾の伝統的な味わいに新しい食感を加えながらも、懐かしい故郷の味を伝えている。



関連記事:

ピックアップ

【東京・横浜】食事と合わせて味わう「日本のシードルを飲める店」
【埼玉・長瀞(秩父郡)】長瀞 古沢園
【スマホでもっとスマートライフ入門】サブスク課金に注意!スマホアプリ整理術
【かき氷】老舗和菓子店が作る、“崖”のようなかき氷!目白「志むら」のインパクト大な“断崖絶壁風”かき氷