下の子が生まれたときだけじゃない!2歳児が赤ちゃん返りをする理由

下の子が生まれたときだけじゃない!2歳児が赤ちゃん返りをする理由

保育士の中田馨さんが、2歳になった子どもの赤ちゃん返りについてお話ししてくれました。突然できていたことをしなくなる理由やママができる対処方法などをまとめて解説!

こんにちは、保育士の中田馨です。今までできていたことが突然できなくなり、赤ちゃんのように泣いたり、甘えたりする「赤ちゃん返り」。特に妹や弟が生まれたときに起きることが多いのではないでしょうか。今日は、そんな赤ちゃん返りした2歳児への対応方法を実例を交えながらお話しします。

突然できていたことをしなくなる理由

これまでできていたことができなくなる。例えば、着替え、食事、トイレなどを「できない」「ママがやって」と言ってボイコットする子どもの姿を見ると、「どうしてしてくれないの?」と思ってしまうでしょう。赤ちゃん返りしているときの子どもの心境としては、弟や妹が生まれたことをきっかけに、「ママ、もっと私のことを見て!」と思っているのです。これまで100%自分に注がれていた愛情が、弟や妹に取られてしまった感覚があるのでしょう。赤ちゃん返りは、一緒にいる時間や愛情を今まで以上に向けてほしいという表現で、子どものあるべき姿なのです。


できていたことをしなくなる以外に、抱っこをしてほしがる、物をねだる、集団に入ったときに動かなくなる、おもらしをする、ママを叩く、蹴るなどの行動をすることもあります。赤ちゃん返りの表現は、子どもによってかなり違います。

経緯をたどって子どもの気持ちを予測してみる

赤ちゃん返りする子どもの姿を見るときに大切なのは、「今の子どもの姿だけを見てはいけない」ということ。


例えば、普段パンツをはいてトイレでおしっこができていたのに、「おむつを履きたい」と言ってパンツをはきたがらない場合、「お兄ちゃんなんだからパンツをはきなさい!」「トイレでおしっこしないと恥ずかしいよ!」と声かけしてしまうこともあります。


ここで大切なのは、「なぜ、おむつを履きたいと思ったのか」ということです。弟、妹がおむつ替えしてもらう姿がうらやましく感じたのかもしれません。おむつを履けば、ママが自分をお世話してくれると思ったのかもしれません。時間に余裕があるときには、「どうしておむつを履きたくなったの?」と、ぜひ子どもに聞いてみてください。

関連記事:

ピックアップ

頑張りすぎない!献立は大人目線でOK!親子の夕ごはん作りがラクになるコツ
「え、可愛すぎかよ…」娘が去った部屋を見て、胸がギュッと熱くなる話 #ニシカタ体験談 83
「どんな先生…?」ドキドキ!ついに大学病院へ!/40代婦人科トラブル#18
【マクドナルド】期間限定で爆安!SNSで話題の特盛りナゲットと新ソースは?!