妊娠中期(16~27週)の変化に伴う5つの注意点

妊娠中期(16~27週)の変化に伴う5つの注意点

妊娠中期は俗に「安定期」ともいわれます。つわりなど初期のつらい症状もおさまって、お腹の中で赤ちゃんが動き始めたり、性別が分かったり、新しい命がそこに宿っていることを確かに実感できる時期でもあります。 心身ともに慣れてくる […]

妊娠中期は俗に「安定期」ともいわれます。つわりなど初期のつらい症状もおさまって、お腹の中で赤ちゃんが動き始めたり、性別が分かったり、新しい命がそこに宿っていることを確かに実感できる時期でもあります。

心身ともに慣れてくる時期ではありますが、この時期に困ったこともあるようです。そこで今回は、妊娠中期の変化と、5つの注意点をお伝えします。

注意点1:バストの急激な変化

妊娠20週目ぐらいになると赤ちゃんの骨が丈夫になり、筋肉や皮下脂肪がついてどんどん大きくなります。それによってお母さんのお腹の大きさも目立ちはじめ、身体全体が丸みを帯びてふくよかになってきます。

特にバストは急激に大きくなります。2カップほどアップする人もいるようです。これは乳腺の発達によるもので、すでにお母さんの身体は授乳の準備を始めたということです。従来の下着では締め付けにより乳腺の発達を妨げてしまうので、専用の下着にチェンジしましょう。

注意点2:長距離の移動

体も気持ちも安定しているこの時期に、母親学級に通ったり出産後の準備をしたりといった活動をしておくことをおすすめします。

昨今は「産後は当分の間、どこにも行けなくなるから」といわれ妊娠中に旅行をする“マタ旅”をよく耳にしますが、安定しているとはいっても何があるのか分からないのが妊娠中。長距離の移動は負担になるだけでなく、何かあった時に全く知らない医療機関に飛び込まなくてはならないので、行かない方がいいでしょう。

関連記事:

ピックアップ

妊娠初期・中期・後期別の起こりやすいトラブルや病気
妊活中に知っておきたい子宮の病気と妊娠への影響
生理痛があるのは当たり前……ではない!?
妊活中の予防接種&感染症予防ガイド