ショック!赤ちゃんの足にあざ。周りに指摘されると不安に…【体験談】

ショック!赤ちゃんの足にあざ。周りに指摘されると不安に…【体験談】

この記事では、おしりのあたりにあることが多い蒙古斑が足の甲にあったという赤ちゃんのママのエピソードを紹介しています。蒙古斑を指摘されるたびに不安になったママがその不安をどう乗り越えたのか教えてくれました。

赤ちゃんのおしりのあたりにあると思っていた蒙古斑。わが家の次男は足の甲にあります。生まれたときは色が濃く、目立っていました。出産後、赤ちゃんの蒙古斑を周りに指摘されるたびに不安になりました。その不安をどう乗り越えていったか、当時の体験談を紹介します。

赤ちゃんの足に「あざ」

出産後、病室で初めて次男をよく見たときに、足の甲にあざがあることに気づきました。「このあざは何だろう?」と心配になった私は、先生に聞いてみると“蒙古斑”とのこと。「蒙古斑はおしり以外のところに出る場合もあります。この子の場合は蒙古斑が足に出ただけ。成長とともに消えていくことが多いので、あまり心配しないでください」と言われました。

あまり心配しなくていいことがわかったものの、赤ちゃんを見た人からは「これは何?」とよく聞かれます。聞かれるたびに「こうやって毎回聞かれるのかな……」と不安になりました。

長男のお友だちにも指摘されて

ある日、長男と次男を連れて公園へ行きました。長男はお友だちと砂場で遊んでいたため、私はその近くで生後6カ月の次男をベビーカーに乗せてあやしていました。すると、長男のお友だちが私たちのそばに来て、一緒に遊んでくれることに。

そのとき、次男の足を見た長男のお友だちから「何で足がこんな色なの?」という質問が。産後よりも色が少し薄くなってきたとはいえ、「こんな色をしていると気になるものなんだ……」と改めて感じました。

関連記事:

ピックアップ

「自分が死ぬか誰かを刺すか」家族を怒鳴ってメンタルが崩壊し… #PMDDでポンコツ化 8
赤ちゃんの発達のために、長時間使用しないほうがいい育児グッズとは!?【3児ママ小児科医が解説】
風邪の原因に!?冬の赤ちゃんの服装でやりがちなNGとは?
「代わってあげなよ!」育児は見て見ぬ振りで自分勝手な夫を激変させたのはまさかの…!?