ベジタリアンお弁当レシピ/枝豆とヒジキの炊き込み弁当

たまに野菜だけのお弁当を食べている女性を見かけますが、食べている人が笑ってない。楽しんでない。きっと「やせる!」とか「モテる!」という熱意があるからこそ、笑顔にならなくても無理して野菜弁当を食べているのでしょうね。頑張れ~! でも野菜だらけのお弁当だって美味しく作れちゃうんです! 今回はそんなお話。

ヘルシーに疲れた皆さんへ

正直なところ、ヘルシーやベジタブルなどのキーワードがついた料理って、「味は期待できないだろうなあ」とか「食欲がわかないなあ」って思うことはありませんか? 事実、そういうケースが多いはずです! でもそれって、ヘルシーを「制限」と考えるから美味しくないものになるんですよね。

既製品のお弁当も然り、ヘルシーと名の付くお弁当で美味しいものを食べたことがありません(私が知らないだけかもしれないので読者の皆さんヘルシー系で美味しい既製品のお弁当があれば教えてください!)

ヘルシーは「制限」ではなく「範囲」なんですよ。「ここからここまでの食材は使っていい」という考えでヘルシー弁当を作れば、意外とレシピの自由度が高く、そして結果的にヘルシーなお弁当に仕上がります。作り方を工夫すれば、お肉がなくとも「肉に負けない味」になるんです。

ということで今回は、ベジタリアンたちが実際に作っている肉なし弁当をお手本に、ヘルシーだけど美味しさと満足度はお肉に負けない、さらに「毎日作っても飽きない弁当作り」をご提案します。

炊き込みご飯の重要性

炊き込みご飯って簡単に作れるけれど、ベジタリアン料理には重要な存在なんです。野菜メインのお弁当を作ろうとすると、どうしても「食欲をそそらせる茶色系」の食材が省かれがち。フライ物や肉がありませんからね……。

「ヘルシー弁当ほ作ったはいいけど完全にサラダになった(涙)」という経験者もいるはず。だからこそ、茶色系の炊き込みご飯は食欲を生むという点において重要なのです。しかも、色んな具材を混ぜ込むからお弁当にもぴったり。

茶色系に偏りすぎても「彩り」の点においてオシャレ感が消えてしまうので、今回は炊き込みご飯を使いつつも、しっかり色鮮やかなウキウキする見た目のお弁当レシピをお教えいたします。

関連記事:

ピックアップ

今冬アウターはGUが大当たり連発!可愛くてあったかい♡高見えすぎる「#コレ買い」リスト
その手があったか!100均に凄いの発見♡ビニールだからぺちゃんこ!保管に困るキッチングッズ
ダイソーのコレめっちゃいい…♡ピタッとハマって癖になる!収納グッズ
食べるスープで免疫力アップ!ルーなしで作れる♪たっぷり野菜のサーモンチャウダー