神様に失礼なことしていない?初詣のマナー

神様に失礼なことしていない?初詣のマナー

毎年なにげなく行っている初詣。でも、初詣の意味やマナーってあいまいで、よく知らなかったりすることも。神様に失礼な行ないをしないように、初詣のしきたりをしっかり頭に入れてから、お参りに行ってみよう。

初詣は神様への新年のご挨拶

新年に初めて神社やお寺にお参りし、旧年のご加護に感謝し、新年の幸せを祈願する初詣。もともとは、一族を守ってくれる氏神様に新年の挨拶をしたのが始まり。現在では、有名な神社やお寺にでかけるのが一般的になっている。

三箇日中に参拝するのがベスト

その年の幸せを祈る初詣は、年神様がいらっしゃる期間にするのがいいとされている。できれば、三箇日中にはお参りに行きたいところ。もしも三箇日を過ぎてしまったら、遅くとも松の内までには済ませよう。また、初詣の帰りは、寄り道をしないでまっすぐ家に帰ること。寄り道をしてしまうと、神様からいただいた福を逃がしてしまうといわれているとか。

関連記事:

ピックアップ

驚きと感動が止まらない!東武百貨店 池袋本店バイヤーおすすめの独創的なラム酒入りモンブラン
帝国ホテル 東京のアフタヌーンティーに“料理長スヌーピー”とPEANUTSのキャラクターが登場「PEANUTS Friends’Afternoon Tea」
「コンラッドアフタヌーンティー with Swarovski」が大阪に。スワロフスキーのきらめくジュエリーを鮮やかなスイーツで表現
60年愛される伝統の味。伊勢丹新宿店バイヤーおすすめの王冠のような気品ある栗デザート