流産の原因で最も多いのは…?早期流産は偶発的なもの、自分を責めないで【産科医】

流産の原因で最も多いのは…?早期流産は偶発的なもの、自分を責めないで【産科医】

妊娠初期は「流産が不安でたまらない」という人もいるでしょう。でも、正しい知識があれば、その不安も軽くなります。不育症にも詳しい山王病院/国際医療福祉大学の藤井知行先生に、流産と切迫流産(せっぱくりゅうざん)についてうかがいました。

流産の最も多い原因は受精卵の異常です

流産は妊婦さんの7~10人に1人の割合で起こるもので、決してめずらしいことではありません。妊娠12週未満の流産を「早期流産」、12週0日~21週6日の流産を「後期流産」といいますが、流産の9割以上を占める早期流産の原因は、ほとんど胎児側にあります。ママが何かをしたから・何かをしなかったから、流産になるということではないのです。

早期流産は偶発的なもので、残念ながらそれを食い止める方法はありません。万一、流産を経験したとしても、ママは決して自分を責める必要はないのです。

流産になる胎児側の原因とは?

流産の原因で最も多いのが、受精卵の染色体異常によるもの。精子と卵子のどちらかに、たまたま異常があった場合、育つことができない受精卵が発生します。

とくに卵子の異常は加齢によって増える傾向があるため、女性の妊娠年齢が高くなればなるほど、流産の確率は高くなります。また、ごくまれに、正常な精子と卵子が受精しても、その後の過程で受精卵に異常が生じることもあります。

関連記事: