がんを再発したちーちゃん。治療できるタイミングは今しかない…!応援してくれた人たちの想いがイタリアでの治療の後押しに【体験談】

がんを再発したちーちゃん。治療できるタイミングは今しかない…!応援してくれた人たちの想いがイタリアでの治療の後押しに【体験談】

神経芽腫の再発が見られたちーちゃん(久保田ちひろちゃん)の命を救うため、イタリアの小児病院の治療を決めた久保田さんご夫妻。しかしその治療には、一般家庭では捻出するのが難しいくらいの費用がかかります。パパ将さん、ママ祐香子さんの新たな闘いが始まりました。

4,000万円と聞いていた治療費も蓋を開けてみたら5,000万円。渡航費や滞在費を合わせると最低でも6,000万円以上は必要であることがわかりました。しかし、二人の想いが親戚、友人、知人、マスコミをも動かし、クラウドファンディング開設10日という短期間で、目標額を大きく超える8,800万円が集まりました。

後編では、再発したちーちゃんを救うためにイタリアでの治療を決めたパパ、ママの想い。そして治療費を捻出するために奔走したご夫妻の想いをお聞きします。

治療のタイミングは今しかない。そのために必要な治療費を集める

「実はイタリアでの治療にかかる費用は銀行から借りるつもりでした。
でもどこに申し込んでも、家のローンが残っていたため審査は通りませんでした。お金がたまった1年後に治療を受ければいいじゃないかと思われるかもしれませんが、転移場所が1カ所、コントロールできている、そして臨床試験が実施されている今のタイミングを逃すわけにはいかないんです。だから1カ月後の治療に合わせて費用を集めることが、僕たちの目標でした。家の売却査定もしてもらいましたが、治療開始前に全額を支払うことが条件なので待っている時間はありませんでした」(将さん)

この治療は、最初にちひろちゃんの細胞を採取、1カ月〜1カ月半後に遺伝子操作したちひろちゃんの細胞を体内に戻すというもの。そして治療後3年間は3カ月に1度ずつ、経過観察のためイタリアに渡り診察を受けることになります。イタリアでの治療が始まるまでも日本にいる間は、がん細胞が増えないよう抗がん剤治療を続ける必要があるのだそうです。

ちーちゃんの病気や治療のタイミングなど現状を知らせることに全力を注ぐ

そこでたどり着いたのがクラウドファンディングでした。しかし現状では日本のクラウドファンディングで個人の病気の治療費を集めることはできないという現実を知らされます。

「そこでアメリカの“GoFundMe(ゴーファンドミー)”というクラウドファンディングのプラットフォームをアメリカに赴任しているいとこの名義で立ち上げました。しかし日本にいる友人、知人が寄付するにはハードルが高過ぎると、もう一度探して見つけたのが“For Good!”です」(祐香子さん)

ちーちゃんが入院中は、久保田さん夫妻は名古屋にある病気の子どもと家族のための滞在施設であるマクドナルド・ハウスで生活しています。昼間は、両親ともにリモートワークで仕事をしながら、ちひろちゃんに付き添っています。

「支援を集めるためには、ちひろの病状や海外の情報などを正確に伝える必要があります。その点を理解していただける構成になるよう意識しました」(将さん)

二人は病院から戻ったあと、みんなが寝静まったマクドナルドハウスで、クラウドファンディングのための準備を進めました。

「やらなければならないことが山積みだったため、連日午前3時、4時まで作業をしていました。そろそろ寝ないと仕事に影響してしまうと言って寝るというような毎日でした」(将さん

関連記事: