『バチェラー・ジャパン』シーズン1でファイナルローズを手にした蒼川愛。22週で気づいたまさかの妊娠。シングルマザーになった今、「自分嫌い」がなくなった

『バチェラー・ジャパン』シーズン1でファイナルローズを手にした蒼川愛。22週で気づいたまさかの妊娠。シングルマザーになった今、「自分嫌い」がなくなった

ファッション誌のモデル、インスタグラマーとして活躍する蒼川愛さん。蒼川さんは大学3年生のときに出演した『バチェラー・ジャパン』シーズン1で最後の1人に選ばれて生活が大きく変わりました。その後、息子を出産し、2021年にシングルマザーであることを公表。番組に出演したときの心境から、シングルマザーとして子育てに奮闘するまで詳しく話しを聞きました。全2回インタビューの1回目です。

取りあえず受けたオーディション。とんとん拍子で最終選考へ

――蒼川さんは『バチェラー・ジャパン』シーズン1で大きな注目を集めたと思いますが、番組に出るきっかけやそのときの気持ちを教えてください。

蒼川さん(以下敬称略) きっかけは知り合いの方に「オーディションを受けてみませんか」と声をかけられたことです。当時はバチェラーについて何も知らなかったので、まずは調べてみることにしました。
すると、女性同士のし烈な戦いのような動画を目にし、「絶対に出ません!」と一度はお断りしました。

――最初は消極的だったのですね。そこからなぜ出演することになったのでしょうか。

蒼川 大学3年生だったので就職活動もあるので断っていたのですが、これから日本でも恋愛リアリティーショーがはやるということ、その初回の企画だから絶対に出演する意味があるというように説得されました。大学生の出演者ということも期待されたようです。
何度か話しを聞いているうちに「ちょっと面白そうだな」と思うようになり、取りあえずオーディションを受けてみることにしました。
そうしたら、とんとん拍子に最終選考まで残り、出演することが決まりました。

――番組では最後の1人に選ばれ、たいへん話題になりましたね。

蒼川 今は番組も有名になっていると思いますが、シーズン1はそこまで認知度があるわけではなかったと思います。
話題にはなったし、私の生活もがらりと変わりました。でも、番組が終わった直後は否定的なことを言われることもあって、落ち込むことも多かったです。でも、あの番組に出演したからこそ、現在の活動があるので感謝しています。そして、あの番組でファンになってくださって、今でも応援してくださる方がいるのでとてもありがたいです。

『バチャラー・ジャパン』でファイナルローズを手にしたあとは・・・?

――番組は選ばれた女性にローズが渡されるという演出でした。蒼川さんは最後のローズを受け取ったわけですが、おつき合いを始めた方とはその後、どうなったのでしょうか?

蒼川 番組が終わってからもカップルになった方とおつき合いをしていました。
でも、まわりの目が気になり、少しずつお互いの気持ちがすれ違うことが増えて、おつき合いが長く続くことはありませんでした。
先ほども話しましたが、インターネットに傷つくようなことをたくさん書かれ、ネガティブなコメントを読むうちに、“恋愛どころではなくなっていた”という表現が合っているかもしれません。

――そして2019年に第1子をご出産されていますが、そのときの状況を詳しく聞かせください。

蒼川 番組で知り合った方とお別れして、しばらくしてから出会った方と4年半ほどおつき合いをしていました。その方とのおつき合いの中で、妊娠22週のときに妊娠していることに気づきました。
学生時代から生理不順で、生理が定期的に来ないことが当たり前になっていたし、毎日が忙しくてあまり生理のことを考えていませんでした。だから、最初は妊娠しているなんて思ってもいなかったんです。
でも、何を食べても吐いたり、だるかったりと体調がすぐれない日が続いていたので、もしかしたら・・・、という気持ちになり、自宅で検査キットを使って調べてみると妊娠していることがわかりました。

――病院の健診ではっきり妊娠がわかったとき、どんな気持ちでしたか?

蒼川 検査キットを使ったのちに産婦人科を受診しましたが、先生に「22週ですね、あなたはお母さんになるんです」って言われたんです。先生からの言葉で「あ・・・、私お母さんになるんだ」ってなんかスーッと入ってきました。彼との結婚は難しいことはわかっていたのでシングルマザーの道を選びました。
病院で初めてエコーを見たときは「ここ(おなか)に赤ちゃんがいるんだ!」と思うと不思議な感覚ではありました。

関連記事: