意外な美味しさを引き出す!進化している魚焼きグリル、どんな使い方をしていますか?【体験談】

意外な美味しさを引き出す!進化している魚焼きグリル、どんな使い方をしていますか?【体験談】

みなさん、コンロの魚焼きグリルを普段、使っていますか?「魚を焼く以外にも使いこなせば、かなり便利そうだけれど、あまり使えていない」という声も聞きます。
そこで、今回は「たまひよ」アプリユーザーに聞いた、みんなの使い方の紹介とともに、家事代行マッチングサービス「タスカジ」・ハウスキーパーのすずきよさんに、簡単に使えるテクを聞きました。

魚やパンを焼くのに使っている人が多数

まずは、みんなの声を紹介します。

「洗うのが面倒なので使用してません。トースターは上と下に発熱源のあるものを使っているので、魚も問題なく焼けます!」(わすれんぼOL)

「主に魚を焼く時に使用している。食パンのトースト時にたまに使用している」(みー)

「魚はもちろん、ナスなどの野菜も焼いている」(ふゆなつ)

「食洗機導入後、食器を洗う負担が少なくなったため、魚焼きグリルを使うようになった。鮭を焼いたり、焼鳥を作る際に使用している。余分な油が落ちるためヘルシーで美味しくなっていると思う」(なかむー)

「魚やお肉を焼く時はアルミホイルを敷いて、もし油が垂れていたら、その時は洗う。トースターとして使う時もある」(おもち)

「魚はもちろん、パンを焼くときや、グラタンの焦げ目をつけたりするときに使ってます。たまに、1人焼き肉をする時にも(笑)」(えてりん)

「魚を焼くだけしか使っていなかったが、YouTubeで椎茸のチーズ焼きをしたり、厚揚げを焼いたりしているのを見て、真似している」(さめ)

「よく使います。魚、焼鳥、グリル野菜、ピザなど大活躍です!」(むぎ)

アルミホイルを活用するといろいろなメニューが可能に

魚焼きグリルを使わない理由として、「洗うのが面倒」「どう使えばわからない」という声が多く寄せられました。そこで、魚やパンを焼く以外に、簡単にできるレシピや使い方について家事代行マッチングサービス「タスカジ」のすずきよさんに聞きました。

「グラタンなどを焼くとき、魚焼きグリルはオーブンより圧倒的に早いです。両面焼きグリルならば5〜6分で熱々。

また、冷凍食品の加熱や買ってきた揚げ物の温め直しにも利用できます。
揚げ物は、アルミホイルを一度丸めてから伸ばし、その上に並べましょう。凹凸ができて、余分な油は凹みに落ちるのでカリッとした食感に戻ります。

お手入れが面倒という方は、グリルに入れられるトレーなども売られているので、使ってみてもいいかもしれません。
油が落ちた場合はペーパーで拭き取ると環境にも優しいし、洗うのも簡単です。

そのほか、簡単にできるレシピもご紹介します」(すずきよさん)

関連記事: