一歩先行く中学受験 親だからこそできる我が子に合った学校選び|しあわせな中学受験にするために知っておきたいこと

一歩先行く中学受験 親だからこそできる我が子に合った学校選び|しあわせな中学受験にするために知っておきたいこと

中学受験が気になるけれど、首都圏には中高一貫校がたくさんありすぎる!うちの子には、どんな学校が向いている?どんな視点で学校選びをすればいい?そんな保護者の疑問にお答えすべく、教育ジャーナリスト・中曽根陽子さんが「学校選びの7つのポイント」をお話しします。

学校選び、どこを見ればいい?

1歩先いく 中学校選び 7つのポイント

(1)校風を見る → 面倒みの良さか、自主性尊重か

(2)カリキュラムを見極める

→ 受験科目重視型か、リベラルアーツ型か

(3)探究型の学習に取り組んでいるか

(4)体系的なキャリア教育を行なっているか

(5)課外活動(部活や行事、体験学習)を重視しているか

(6)グローバル化に対応しているか

(7)特徴ある教育を行なっているか

今回はこの7つのポイントから、「(1)校風を見る」と「(2)カリキュラムを見極める」についてちょっと説明します。

校風を見る ―― 「面倒見の良さ」「自主性尊重」

(1)と(2)は、学校の校風や理念、教育に対する考え方を測るアセスメントです。

学校は誰かが「こんな人を育てたい!」という思いを持って作ったところなので、必ず、育てたい人物像や、目指す教育目標があるはずです。

そしてその目的を達成するために、どんな教育環境やシステムを提供するのかは学校によって違います。

(1)を「自主性尊重」か「面倒見の良さ」の2軸で分類したものが下図の横軸です。

面倒見の良さは、言い換えれば管理型ともいえます。

校則の内容や、行事の運営を生徒に任せているか、あるいは先生が決めているかなど、学校によって考え方は違います。

勉強面でも、たとえばコース制をとっていたり、授業以外に補習や補講などを用意して大学合格のためのフォローをしたりしている学校は、面倒見が良い学校といえるでしょう。

ほかにも、毎日生徒が書いた学習計画をチェックして学習習慣を身に着けさせたいという学校もあります。

他方、勉強も生徒の自主性に任せていて、補習や補講などはやらない学校もあります。

このように、ざっと書いただけでも方向性に違いがあることがわかると思います。

関連記事: