1億円以上の豪邸に住んでいる人は何%?最も高かったのは50代男性の家!一方、多数派の価格は2000~3000万円

1億円以上の豪邸に住んでいる人は何%?最も高かったのは50代男性の家!一方、多数派の価格は2000~3000万円

不動産メディア「幸せおうち計画」を運営するAZWAYは、10代から60代以上までの605人を対象に「家の価格」についてアンケートを実施しました。

再開発や円安、物価上昇で住宅価格が上がっている昨今。「一億円以上の家に住んでいる人はどのくらいいるんだろう?」と思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで実施された今回の調査。どんな実態が明らかになったでしょうか。

持ち家の価格帯は「2,000万円〜3,000万円」が最多、「1億円以上」は全体の0.5%に

10代から60代以上までの回答者605人に「家の価格」について聞いたところ、1億円以上の家に住んでいる人は3人で全体の0.5%という結果になりました。中でも最も高かったのは「1億1,000万円」の家で、延べ床面積は320㎡とかなりの広さになっています(50代男性)。

一方、持ち家の価格帯でいちばん多かったのは、「2,000万円〜3,000万円」で183人おり、全体の30.2%という結果になりました。

続いて多かったのが「3,000万円〜4,000万円」で152人(25.1%)、3位が「1,000万円〜2,000万円」で106人(17.5%)となっており、「4,000万円以下」の家に住んでいる人が、全体の約8割を占めています。

持ち家の価格、一戸建て・マンション共に「2,000万円〜3,000万円」が最多

続いて、持ち家の価格を住居タイプ別に見てみたところ、一戸建て・マンション共に「2,000万円〜3,000万円」の家に住んでいる人が最も多いという結果になりました。いちばん多い価格帯に関しては、住居タイプによって顕著な違いは見られないことがわかります。

一方、「4,000万円以上」の価格の物件に住んでいる人の割合は、一戸建てに比べマンションの人の方が多いという結果に。一戸建てでは4,000万円以上の住居に住んでいる人は18.8%なのに対し、マンションでは23.1%になっています。

また、広さでは一戸建ての方が坪面積が広いものの、マンションに住んでいる人の方が4,000万円以上の物件に住んでいる割合が多い結果になっており、価格を決めている要素は一概に広さと関連づけることはできないとわかります。

関連記事: