“場違いな私の挑戦”前編☆食べる価値有り!ニューオータニのスイーツが激しく美味しくて悶えた件。舌鼓連打、の巻。

“場違いな私の挑戦”前編☆食べる価値有り!ニューオータニのスイーツが激しく美味しくて悶えた件。舌鼓連打、の巻。

ホテルのスイーツってセレブの味。お高いし、どれだけ美味しいの?……って疑問に思いませんこと? そんなお値段を出すのなら、吉○家で牛丼何杯も買えちゃうじゃないか。その方がお腹いっぱいになるよ……。と平民のワタクシがそんな考えを抱きつつ、高級ホテルスイーツを体験しに行ってみました。ターゲットは“ニューオータニ”!! さあ、伝統あるラグジュアリーホテルのカフェに潜入だ!!

余裕で諭吉が飛んでいくホテルのカフェやレストランって私にとっては異世界。だからこそ知りたい「美味しさのレベル」

はじめに伝えておきたいのは、(高級な)ホテルの飲食店に対して文句を言っているわけではないのです。
ただ、それなりにお値段が行ってしまうお店に行く時って、それなりの覚悟が必要じゃあないですか。
奮発したのにたいして感動が無いな……とかそんな事態になったら、悲しすぎるじゃあないですか。

どれだけ美味しいのか、お値段相当の価値は有るのか。
はたまた、ニトリのようにお値段以上なのか。
それが一番大事。
そこが今回の調査ポイントになります。

ましてや、私のようにラグジュアリーな空間が場違いである人間が、受け入れてもらえるのか?
その点も多大なる不安要素となるわけです。

潜入調査をするには、まずどこのホテルに行くのか決めなければ……。
そんな中、老舗のホテル『ニューオータニ』で“博多あまおうを使ったストロベリーメニュー”のフェアが開催中という情報をゲット。
な、なんて魅力的なお祭りなんだ……。

そんなわけで、潜入先のホテルはニューオータニに即決。
紀尾井町、幕張、大阪の三箇所ある直営ホテルの中から、幕張の24階にある『ベイコートカフェ』へ。
正装もせず、普段の感じで潜入してみました。

24階(最上階)に降り立つと、そこはセレブの世界でした

ワタクシ、緊張しながらニューオータニ内に足を踏み込みます。
フロント階がある1階では、宿泊客でもない私にジェントルな笑顔を向けてくれるホテルマン。
真冬なのに短パン、髪の色が(他の人よりちょっと)明るめな私、ayataso。
なんでしょう、もの凄く不安です。
このまま進んで大丈夫なのかと、ものすごく心配です。
そして、今回目指すカフェがある最上階に着くと、「チン♬」と軽快な音と共にエレベーターの扉が開く。
絨毯敷きのフロアに足を踏み出すと、更に不安感が増幅。
ヘタれayatasoである。

ちょこっとづつ……、
ちょこっとづつ……蟻のような歩幅で前に進む私。
それはもちろん、何かあれば即座に逃げられる態勢に入れるようにするためである。
ヘタれayatasoである。
最上階にあるカフェともなると、日中は太陽の光が差し込む空間なのであろう。
光がさす方向へ、もう一歩、もう一歩。

と、その瞬間。
「こちらへどうぞ」

突然、孤独な葛藤の空気は、その一言で打ち消される。
声の方に視線を向けると、カフェの入り口に門番の如くホテルの人が立ち、こちらに微笑みかけていた。
逃げる暇もなく、私、ご来店である。

関連記事:

ピックアップ

キッズ向けレーベル「BEAMS mini」からボーイズ&ガールズラインが登場♪
新感覚の毛玉予防アイテム。毛玉を「防ぐ」衣類スプレー発売決定!
懐かしいけど新しい!「3COINS×PAC-STORE」コラボアイテムが新登場♪
家中の雑貨にムーミンが!?ディノスオリジナルの、「ムーミン」の北欧インテリアアイテムに注目