プロに聞いた!壁を上手に使って収納を増やす方法

賃貸物件でも使いやすい!ホッチキスタイプ

TVを壁付けできたらスッキリするのに、賃貸だから諦めている。なんだか工事とかしないと自分ではつけられなさそうだから諦めている。または、壁につけられる家具はオシャレで使いたいんだけど、あんまり重たいものを置けないからなと迷っている。

そんな方におすすめなのが、最近話題になっているホッチキスを使って壁付けするタイプです。

「ホッチキスで壁に家具を止められるの!?」と思いますが、これがすごく強力に止まるんです。しかも特別なホッチキスはいりません。普通の文房具でOK。

棚はもちろん、TVだってミラーだってかけられるように。しかもホッチキスを壁に打ち付けるだけだから、穴だって画鋲より小さく賃貸物件でも簡単に修復できて使いやすいと思います。

画像提供:壁美人

穴を開けない壁収納もあるんです!

そうはいっても、穴を開けたりDIYするのはちょっと。あとは、落ちてきたら怖い、取り付けに自信がない!
そんなあなたが壁を上手に活用するなら、ラダーラックタイプがおすすめ。
“ラダー”つまり“はしご”のような感じです。

種類は天井と床で突っ張る「突っ張りタイプ」と「立て掛けタイプ」という2種類があります。

画像提供:ベルメゾンネット

立て掛けタイプは置くだけでいいし、移動も簡単にできるのも魅力ですね。
また、壁に穴をあけるタイプは、壁が石膏ボードであることが条件ですが、これは壁の素材がなんであっても関係ありません。そういった意味では自由度も高いと言えます。

 

壁面を上手に活用すると、部屋の使い勝手がよくなり、さらに見た目もオシャレになります。壁を収納やディスプレイとして活用する、そういった気持でわが家の壁を改めて見つめ直してみて下さい。
きっと、新しい使い方のアイディアが浮かぶことでしょう!

関連記事:

ピックアップ

虐待と間違えられることも!? 蒙古斑の基礎知識
赤ちゃんの唇が変形したり、皮がむけているのはなんで?
【1/18週】週間ランキング
布団が命取りになる場合も!?乳幼児、家の中の事故を知ろう