6歳までの幼児食で身につけておきたきい3つのこと

6歳までの幼児食で身につけておきたきい3つのこと

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。1歳6カ月が近づいてくると、もうすぐ離乳食が終わり幼児食が始まります。幼児食と離乳食の違いってなんなのでしょうか?

 

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。1歳6カ月が近づいてくると、もうすぐ離乳食が終わり幼児食が始まります。幼児食と離乳食の違いってなんなのでしょうか?

 

今日は、幼児期に向けての食事のお話をしますね。

 

幼児食はいつからいつまで? 

幼児食とは、1歳半~6歳の間の食事のことを言います。1歳半と6歳だと少し幅が広い感じがしますね。なので、半分に分けて「幼児食前半」が1歳半~2歳、「幼児食後半」が3歳~6歳と考えてみてもいいかなと思います。

 

幼児食は離乳食の延長線上

1歳半になって幼児食になったからといって、急に大人と同じ食事がOKになるわけではありません。幼児食は離乳食の延長線上です。もし昨日まで離乳食だったら、今日も離乳食と変わらない食事でいいのです。徐々に徐々に、食べられる食材や調理方法を増やしていきます。これは、離乳食を進め方と同じですね。

 

 

 

関連記事:

ピックアップ

「お話できない赤ちゃんとは遊べないの!」言葉の発達がゆっくりな長女に対して、お友だちが…
2歳の次女にイヤイヤ期がまったくない。なぜ?理由を考えてみると…
病気がちな1歳の娘。病院で血液検査をすると意外な原因が判明して…!?
「1個だけわからないことがあるんよ…」アニメや動画に影響されちゃう娘。純粋すぎる発想に萌え♡