里山×建築×クラウドファンディング 隈研吾さん監修・広島の「廃校リノベーション」スタート! 新しい地方のあり方とは?

里山×建築×クラウドファンディング 隈研吾さん監修・広島の「廃校リノベーション」スタート! 新しい地方のあり方とは?

こんにちは! LIMIA公式ライターのヘルシー(Healthy)です。建築家・隈研吾さん監修の広島の「廃校リノベーションプロジェクト」。そのキックオフセレモニーが12月19日に都内で開催されました。「廃校リノベーションプロジェクト」とはなんなのか。日本の里山の可能性とは? どうして公共施設の資金をクラウドファンディングで集めるの?そこには、これからの日本を考えるためのヒントがたくさんあるようです。当日の様子をレポートします !

左から、米良さん・湯崎知事・隈さん

「廃校リノベーションプロジェクト」とは、2017年3月から広島県が開催するひろしまさとやま未来博2017のプロジェクトの一つ。広島県内の3地域で、廃校になった建物をリノベーションし、地域の新しい拠点をつくるというものです。その費用の一部である3,000万円をプロジェクトの想いに共感する人々から募るために、クラウドファンディングを実施するんだそう。

今回のセレモニーには、広島県の湯崎英彦知事、建築家の隈研吾さん、そしてクラウドファンディングサービス・Readyfor代表取締役の米良はるかさんが登壇。3人のプレゼンの後、テープカットセレモニーが行われ、クラウドファンディングがスタートしました。

「これからの日本の見本になる」ひろしまさとやま未来博2017

広島県・湯崎英彦知事

最初に登壇したのは広島県の湯崎知事。ひろしまさとやま未来博2017とその背景にある広島県の発想の転換について話しました。

面積の約7割が中山間地域で、県全体の約14%がその地域に住んでいるという広島県。そして、その多くは過疎化が進み、自然も減少していると言います。これらの地域の振興を図るべく立てられたのが「中山間地域地域振興計画」です。

湯崎知事によるとこの計画には2つの発想の転換があるんだそう。

1つは、から。かつて地方は、鉄道や自動車道路、文化センターにショッピングセンターと、”東京と同じインフラ”を整えようとしてきました。それが一段落した現在、これからは”すでにあるもの”に注目し、再利用していかなければいけません。

2つ目は、.から。人口減少が進む地方、そして中山間地域を今後どう考えればいいのか。湯崎知事は「その地域の価値に共感する人を軸にタイトなコミュニティつくっていきたい」と述べ、出て行く人を”引き留める”のではなく”引き寄せる”発想が重要だという考えを示しました。

ひろしまさとやま未来博2017は上記を踏まえて「これからのニッポンの見本になる」をコンセプトに開催されるそうです。そして、その目玉が「廃校リノベーションプロジェクト」。一定の役割を終えた施設を、新しいつながりが生まれる居場所に復活させたい。地域にあるものを活かして新しい価値を創る、そんな日本のロールモデルとなるプログラムを広島から作り上げていきたい、と思いを語りました。

隈研吾さん「里山はデザイナーのインスピレーションの源」

建築家・隈研吾さん

次に廃校リノベーションの設計を担当した隈研吾さんが登壇。

過疎高齢化が進み、田畑は荒れ、空き家や廃校が増える等、ネガティブな要素が多いように思える里山…。しかし「里山こそがデザイナーのインスピレーションの源になり、一番おもしろい活動の場になりうる」と隈さん。これからの建築の主流の一つはリノベーションであり、里山とリノベーションを掛け合わせた本プロジェクトは時代の本流中の本流だ、と意気込みました。

今回の「廃校リノベーションプロジェクト」の設計は東京大学工学系研究科の隈研吾研究室のメンバーが担当。外国人留学生が多いという隈研究室の学生が「広島の廃校はすごいおもしろい!」といって盛り上がってつくったと言います。

関連記事:

ピックアップ

キッズ向けレーベル「BEAMS mini」からボーイズ&ガールズラインが登場♪
新感覚の毛玉予防アイテム。毛玉を「防ぐ」衣類スプレー発売決定!
懐かしいけど新しい!「3COINS×PAC-STORE」コラボアイテムが新登場♪
家中の雑貨にムーミンが!?ディノスオリジナルの、「ムーミン」の北欧インテリアアイテムに注目