文字が読みにくいのは『老眼』?…無理して我慢すると痛い目にあうかも

文字が読みにくいのは『老眼』?…無理して我慢すると痛い目にあうかも

もともと目がいい、悪いは関係なく、誰もが経験する老眼。
勘違いしがちな老眼の症状をご紹介します。

老眼の症状を「まだ大丈夫」とヤセ我慢していると不調にも

もし「文字が読みにくい」と感じたら、老眼かもしれません。程度の差はあっても、老眼にならない人はほぼいません。

だいたい40歳を過ぎる頃から“手元が見づらく離せば見える”のを実感するように。

でも症状が出始めの頃は、老眼と気づかず放置して、目を疲れさせてしまいがちです。

近頃はスマホなど小さい文字を手元で見続けることが多くなったので、老眼の症状がはやくでるようになっているそう。

また、「まだ若いのよ!」と、見にくいのがわかっていてもガマンしていると、眼精疲労から、肩こりや頭痛などの不調を起こすことにもなりかねません。

“老眼カン違い”あるある

すでに老眼がはじまっているのに「自分は違う!」と思っている人には、こんな共通点が。

これらの症状は老眼からきています。早い対処が大切ですよ!

・近眼用メガネをはずすと手元が見やすい
近視の人は近くにピントが合いやすいため、メガネをはずすと手元がラクに見えるもの。

ただし見えたとしても、目は明らかに老化しています。

・目を細めると細かい字が読める
目を細めると目に入る光量が少なくなってピントが合いやすくなります。

また、集中するため文字はハッキリしますが、調節力の低下は明らかです。

・昼間は手元の見えづらさを感じない
昼間は支障がなくても、夕方以降に新聞を読みづらくなっていたら老眼の初期症状。

日中でも不便さを感じるようになるのは、時間の問題…。

・遠視だから近くが見づらいだけ!
遠視も老眼も“近くにピントが合わせにくい”という症状は一緒。

でも、メカニズムは違います。以前より見づらくなったら、老眼の検査をして。

関連記事:

ピックアップ

実は楽しい「調査員」の仕事。スキマ時間にできる在宅ワークとしておススメ!
後悔しないために…。シングルマザーの仕事の探し方とは?
子どもを”安全”に”心配なく”留守番させるにはどうしたらいいの?
どうやって在宅ワークを探すの? 求人の探し方と悪徳業者の見分け方