歯磨きは1日何回するのが正しい? 磨くベストなタイミングは?

歯磨きは1日何回するのが正しい? 磨くベストなタイミングは?

あなたは1日何回、歯を磨いていますか? 忙しくて昼食後磨けなかったり、歯磨きする前に疲れて夜眠ってしまったり。
歯の健康を保つために、1日何回歯磨きするのが正しいのか、まとめました。

80歳で20本以上の歯を保つために虫歯と歯周病を防ぐ

「食事をしたら歯を磨こう」というキャッチコピー、誰もが一度は聞いた事あるはず。

一度、生え揃った永久歯は、生え替わる事なく一生使うものです。

厚生労働省が推進する口腔ケア「8020運動」では、「80歳になっても20本以上、自分の歯を保とう」といわれています。

この20本は、入れ歯無しにものを食べられる目安です。

2016年の調査では、80歳で自分の歯が20本以上ある人は、口腔ケアの認知が高まったこともあり5割以上にのぼったそう。

その一方で、日本人の成人の8割が歯周病にかかっているといわれています。

歯周病は、口の中で細菌が繁殖し、歯茎を炎症させる病気。

初期は自覚症状がありませんが、悪化すると歯茎以外にも炎症が広がり、歯が抜けてしまいます。

歯周病は全身に影響を及ぼすことも知られており、脳梗塞や心筋梗塞など、脳や心臓の病気になるリスクを高めるという報告もあります。

回数よりも質 歯垢が落とせれば1日1回でもOK

では、歯の健康を保つためにも、できるだけ多く歯磨きを行った方がいいのでしょうか?

歯科医によると、歯の健康を保つために必要なのは、歯磨きの回数ではなく、質。

1日に何度も歯磨きをしていても、歯垢が取れていなければ意味はないのだそう。

逆に、しっかり歯垢が落とせているのであれば1日1回の歯磨きでもOK。

ベストなタイミングは、夜寝る前です。就寝中は、唾液が減り、口の中の細菌が増える時間帯です。

この時に歯垢があると、虫歯や歯周病が進行しやすくなります。

寝る前に口の中を清潔にして、就寝中の細菌増殖をできる限り抑えましょう。

関連記事:

ピックアップ

実は楽しい「調査員」の仕事。スキマ時間にできる在宅ワークとしておススメ!
後悔しないために…。シングルマザーの仕事の探し方とは?
子どもを”安全”に”心配なく”留守番させるにはどうしたらいいの?
どうやって在宅ワークを探すの? 求人の探し方と悪徳業者の見分け方