【意外と多い!?子宮筋腫】 妊娠・出産・産後はどうなる?

【意外と多い!?子宮筋腫】 妊娠・出産・産後はどうなる?

クックパッドベビーをご覧のみなさん、こんにちは!助産師のREIKOです。

 

クックパッドベビーをご覧のみなさん、こんにちは!助産師のREIKOです。

 

30~40歳代の女性にいちばん多くみられる婦人科の病気って何かご存知ですか?それは「子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)」です。一度は聞いたことのある、身近な病気かもしれません。

 

そこで今回は、子宮筋腫がある場合、妊娠、出産、産後はどうなるのか、私が働いていた病院を例にお話ししたいと思います。

 

子宮筋腫とは?

子宮筋腫の主な症状は、生理のときの出血が多くなる「過多月経」、生理の直前・開始とともに下腹痛や腰痛、おなかの張り感などが生じる「月経困難症」、そして「不妊」です。

 

治療は、症状や子宮筋腫の大きさや数、子宮筋腫がある場所、妊娠を希望しているかどうかなどを考慮して行われます。

 

子宮筋腫がある中での妊娠経過は?

子宮筋腫は、エストロゲンの影響を受けるといわれています。エストロゲンは妊娠に欠かすことのできないホルモンのひとつです。そのため、妊娠により、子宮筋腫の大きさが変化する場合があります。また、子宮筋腫があることで、流・早産のリスクや赤ちゃんの成長を妨げてしまうこともあります。

 

そのため、切迫早産の症状が見られる場合、赤ちゃんの成長が芳しくない場合、ときどきある子宮筋腫が炎症を起こした場合などは、入院が必要になるケースも。基本は安静がメインですが、それぞれの症状に対する治療が行われていました。

 

入院中は、ドプラーという機器を使っておなかの中の赤ちゃんの心音を確認するのですが、子宮筋腫が邪魔をして、なかなか心拍が見つけられなかったりすることも。そんなときは、ママに赤ちゃんが動いているか確認しつつ、「今日はどこにいるかなー」なんて言いながら探していましたよ。どうしてもわからない場合は、医師に超音波で確認してもらうこともありました。

 

関連記事:

ピックアップ

第3子妊娠中の鈴木亜美、産後「家具総入れ替え」した理由とは?「兄弟平等に叱る」子育てママの素顔
「歯磨き、やだー!」歯磨きを猛烈に嫌がる2歳の娘が少しずつ磨かせてくれるように。そのコツは!?
「俺にどうしろと!?」夫が過去最大のブチギレ!そのイライラの原因は…
「こんなに食べられない!」義実家同居は天国?地獄?私が食べる姿を見て夫の反応は…