整理収納のプロが春になると必ずやっている3つのこと

整理収納のプロが春になると必ずやっている3つのこと

冬から春へ。気持ちも明るくなる季節ですね。暖かくなれば、着るものも少しずつ変わっていきます。そんな季節に必要になるのが衣替え。整理収納のプロは衣替えのタイミングでなにかしていることがあるのでしょうか。

整理収納アドバイザーで100均を始めとしたプチプラアイテムにも詳しい、ライターの山岡さくらさんに教えてもらいました。

1.しまい洗い

一度にすべての衣替えをすませようとしなくてよいんです。春はまずは真冬の厚手のものからしまい始め、出すのは夏までの間に着るもの。暑いくらいの日が出てくるころに、薄手の長袖をしまい、半袖やノースリーブを出す。

2段階くらいにわけて行うと、時間もかかりませんし、クローゼットの中はその時期に着るものだけになるのであふれることもなくなります。

しまう衣類はきちんと洗濯したり、クリーニングに出したり、がいちばん始めにすること。来シーズンも着るために、保管している間に黄ばんでしまったり虫食いの被害が出ないように、しっかり洗います。

全部をクリーニングに出すわけにはいかないので、自宅で洗えるものは自分で洗濯。着たあとに洗濯をしてあったものも、このタイミングでもう一度しっかりと洗い直し。まとめて洗うと乾くのにも時間がかかりますし、しっかり乾燥させたいので、このしまい洗いのときはコインランドリーで乾燥してくるようにしています。

2.しまう前に見直しとお手入れを

しまう洋服は今シーズン買ったものも、以前から持っているものも、1枚ずつ確認します。たくさん着たからこそ、毛玉ができていたり、生地がいたんできているものがあったりしますし、なかには今シーズン全然着なかったなと思うものもあります。

毛玉はしまう前にお手入れしておくと、来シーズン出したときにすぐに着られます。

いたみがひどいものや、全然着なかったと思うものは手放すことを検討。着なかったものはなにか理由があるはずなんです。サイズが合わなくなっている、着心地やデザインが気に入らなくなっている、など、理由が自分で納得できれば手放すことができます。

関連記事: