家庭内の事故対策に「危ないもの探し」が大切。「あ、おすしやさん」を合言葉に!【子どもの安全教育の専門家】

家庭内の事故対策に「危ないもの探し」が大切。「あ、おすしやさん」を合言葉に!【子どもの安全教育の専門家】

家庭内で子どもの事故・けがが起きそうになってヒヤリとした経験はありませんか? 「危ないからダメ!」と毎日のように言っているというママ・パパもいるかもしれません。自治体や幼稚園、保育園、小学校などで安全教育を行っている清永奈穂先生は、「家庭内での危ないもの探しをすることが大切」といいます。清永先生に事故を回避できる子の育て方について聞きました。

子どもと家の中で「危ないもの探し」をしてみよう

――家庭で子どもに事故防止や安全について、きちんと教え始めるのは、何歳ごろからがいいのでしょうか?

清永先生(以下敬称略) 言葉が理解できない年齢でも「これは危ないからダメだよ」「触るとアチチだよ」と言い聞かせることは大切です。家庭で安全教育をスタートさせるのは、言葉の理解が進んで、ある程度親と言葉でコミュニケーションが取れるようになる2歳ごろからを目安にするといいでしょう。このころから、親子で一緒に危ないこと・ものについて学んでいくといいと思います。

私がおすすめしているのは「危ないもの探し」です。おうちの中を探検しながらゲーム感覚で危険を見つける力を養えます。たとえば「落ちたら危ないところはどこかな?」「口に入れて詰め込んじゃったら、息ができなくなって危ないものは何かな?」などと子どもに聞いてみましょう。親子で一緒に考えながら玄関や部屋、台所、おふろ場など家中を探してみてください。

危ない場所のヒントは「あ!おすしやさん」と覚えるとわかりやすいです。ぜひ「あ!おすしやさん」を合言葉に家の中をチェックしてみてください。

あ…熱いもの
お…落ちるようなところ
す…滑るようなところ
し…閉まるようなところ
や…やけどするようなところ
さ…触ったら危ないもの
ん…「ん⁉」と注意

危ないもの探しは子どもが「何が危ないか」を自主的に考えるきっかけになります。また、ママ・パパも実際に子どもと回りながら「あ、ここにはもう手が届くんだ、補助の鍵をつけたほうがいいな」「これに寄りかかったら上から物が落ちてきて危ないな」といった気づきもあるはずです。その都度、安全対策をアップデートできるのもメリットです。

言葉が理解できる2歳ごろからは危ない理由もきちんと伝えましょう

――2~3歳ごろだと、「子どもに『これは危ないよ』と言い聞かせても、同じことを繰り返す」という悩みもよく聞きます。どのように言うと、子どもに伝わりやすいのでしょうか?

清永 「危ないと理解できること」と「危ないからやめておこうと我慢できること」は別です。ですから、きちんと伝えても同じことを繰り返してしまうことはよくあります。我慢は成長とともに身についていくものですが、もしも、そもそも「危ない」ということがうまく伝わっていない様子であれば、伝え方を変えることで効果があるかもしれません。伝え方のコツを三つ紹介します。

一つ目は「わかりやすくやさしい言葉」で伝えることです。
2歳ごろになると、子どもなりに身の回りには危ないものがあることに気がついてきます。ママ・パパの言葉がわかるようになったら「お鍋が熱いね。あちち、やけどしちゃうよ」「ソファでジャンプすると落ちて頭がイテテになるね」というように、できるだけやさしい言葉で「こうするとこうなる」「こうだから危ない」と理由をしっかり伝えましょう。

二つ目は「あえていつもと違う雰囲気を出す」こと。
たとえば、やかんを触るふりをしておおげさに「わっ!あちち!」と言って見せるなど、大人が小芝居をするのもいいでしょう。子どももおもしろがって記憶に残りやすく効果的です。また、「熱いものは何かな?」「落ちるようなところはどこかな?」「閉まるようなところは?」などと子どもに質問してこたえさせるのもいいでしょう。命にかかわるような危ない行動を子どもがしたときは、目を見て真剣に「危ないよ」と伝えることも大切です。

三つ目は「興味を持ったときが教えどき」ということ。
3歳ごろになるとはさみやカッターを使いたがる子も出てきます。そんなときは「安全な使い方をしっかり教えるチャンス!」と捉えましょう。もし、しっかりと伝えてから使わせたのに、子どもがふざけたり、危ないことをあえてやったりする場合は、時期早尚と判断して速やかに片づけて。

関連記事: