「太りやすい」「肌荒れ」など、運動をしない女性の健康リスク8つ

「太りやすい」「肌荒れ」など、運動をしない女性の健康リスク8つ

運動はした方がいいのはわかっていても、なかなかおっくうで……という女性は必見。
運動をしない人の健康リスクをまとめました。これを読めば、運動の必要性を実感するはず。

運動しなきゃと思ってもしていない人が多数

健康や美容のために、運動は欠かせない。運動は、からだにいいということは周知の事実です。

これは、平成21年に行われた厚生労働省の国民健康・栄養調査の結果にも表れています。

体重管理を心がけている人は男性で7割、女性で8割。

しかし、メタボリックシンドローム予防・改善のための食事や運動をしている人は、3割に満たないことがわかりました。

頭では「運動しなきゃ」とわかっていても、実際に運動をしている人は少ないということ。

特に、女性は男性よりも筋肉量が少なく、日々運動をしないとさらに目減りする一方なのです。

筋肉を使わないと1日で1%筋肉量が低下

筋肉は、成人の時で体重の40%あると言われています。筋肉は使わないと、筋肉量が低下するとともに、加齢でも低下します。

10年でおよそ、6%低下するため、20歳の頃と比べて70歳頃では、30%も低下するそう。

また、極端な例ですが、無重力や怪我で寝たきりなど、筋肉を使わない状態だと、1日で約1%低下してしまうといわれています。

運動をしないため筋力が低下すると、どのようなことが起こるのでしょうか。下記にまとめてみました。

関連記事:

ピックアップ

実は楽しい「調査員」の仕事。スキマ時間にできる在宅ワークとしておススメ!
後悔しないために…。シングルマザーの仕事の探し方とは?
子どもを”安全”に”心配なく”留守番させるにはどうしたらいいの?
どうやって在宅ワークを探すの? 求人の探し方と悪徳業者の見分け方