「胃がんの手遅れとなる自覚症状」はご存知ですか?初期症状も医師が徹底解説!

「胃がんの手遅れとなる自覚症状」はご存知ですか?初期症状も医師が徹底解説!

胃がんの前兆となる初期症状

胃がんの初期症状はほとんど出ないことが多いです。早期胃がんではほとんどの方に症状がありません。胃がんの前兆の症状は、胃がんの原因になる胃炎の症状とも類似します。胃もたれや食欲不振、体重減少、黒色便など、気になる症状がある時は消化器内科を受診して、医師の診察や血液検査、胃カメラの検査を受けることをおすすめします。

胃もたれ・胃部不快感

胃がんがあることで胃もたれや胃部不快感がでることがあります。その他にも吐き気や痛みを伴うこともあります。これらの症状は、胃がんだけでなく胃炎や逆流性食道炎などでもみられる症状です。症状が気になった場合にはお近くの消化器科を受診しましょう。

食欲不振・体重減少

胃がんがあると食欲が減って体重が落ちることがあります。また、がんによってエネルギーが過剰に消費され、食事は摂れていても体重が減る場合もあります。とくに、半年〜1年で体重の5%以上の体重減少がある場合には要注意です。このような症状がある場合には一度内科を受診することをおすすめします。

黒い便が出る

胃がんがあると粘膜から出血しやすくなります。胃から出た血液が胃酸にさらされると色が黒くなり、便の色が黒くなります。胃がんの他にも胃潰瘍(かいよう)でも同じような症状が出ます。そのような症状が出た場合には早急に消化器科を受診しましょう。

胃がんの原因

ここでは胃がんのリスクを上昇させる原因を説明します。まずは胃がんの原因になるものを理解して、対策ができるようにしましょう。

ピロリ菌の感染

ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)は胃の酸を中和しながら胃に住み着く細菌です。感染陽性者の胃がんリスクは、陰性者の5.1倍と言われています。ピロリ菌によって胃の粘膜に炎症が起こり、萎縮性(いしゅくせい)胃炎を起こします。この萎縮性胃炎が進むと胃がんの発生要因になります。

塩分の多い食事

世界保健機関(WHO)や日本人を対象とした多くの研究で塩分の多い食事が胃がんリスクであることが示唆されています。塩分の多い食事で胃炎が起こると、発がん物質の影響が出やすくなり、またヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)という細菌の感染も起こりやすくなることが知られています。特に、日本人に馴染みのある味噌汁や漬物、魚卵、魚、塩辛などの食品には多くの塩分が含まれており、食べる頻度には注意が必要です。

喫煙

喫煙によって胃がんのリスクが1.6倍上昇すると言われています。喫煙は肺がんを始め、喉頭がんや食道がん、膵臓がんなど、さまざまながんの危険因子です。また受動喫煙によって喫煙者本人だけでなく、まわりの人のリスクも上がってしまいます。

過度の飲酒

日本人男性において、1日一合以上の飲酒(エタノール摂取量として1日23 g以上の飲酒)が胃がん罹患リスクを有意に高めることがわかっています。エタノール摂取量23gは、缶ビール500 mL 1本または日本酒1合に相当します。それ以上の飲酒は胃がんの原因になる可能性があります。

関連記事: