【先輩ママの体験談】一生に一度の初節句。ひな祭りはどう過ごす?

【先輩ママの体験談】一生に一度の初節句。ひな祭りはどう過ごす?

こんにちは。ママライターの山田孝子です。​娘の初節句のお祝いに、おひなさまを買っていただくことになりました。スペースも取れないので内裏雛だけか5人雛に絞っていろいろと探してみましたが、本当にさまざまなおひなさまがあるんですね。そこで今回は、ひな祭りの過ごし方やおひなさま選びなど、わが家の初節句のお祝いをご紹介します。

 

こんにちは。ママライターの山田孝子です。​娘の初節句のお祝いに、おひなさまを買っていただくことになりました。スペースも取れないので内裏雛だけか5人雛に絞っていろいろと探してみましたが、本当にさまざまなおひなさまがあるんですね。そこで今回は、ひな祭りの過ごし方やおひなさま選びなど、わが家の初節句のお祝いをご紹介します。

 

そもそもひな祭りって?

 

初節句を前に、ひな祭りについて調べてみました。ひな祭りは、桃の節句ともいわれていて、節句にはひな人形を飾って子どもの健やかな成長を願います。

 

ひな人形は2月初め、節分の翌日や大安の日に飾り、1カ月間愛でるものとされています。ひな祭り当日にはちらし寿司やハマグリのお吸い物をいただきます。ひな祭りのお菓子にはひなあられやひし餅が有名ですね。

 

今、流行りのひな人形は!?

 

昔は7段飾りなど、大きなひな人形が好まれましたが、現在はスペースの問題もあり、コンパクトに仕舞える収納飾りなどが主流のようです。おだいりさまとおひなさまのみの親王飾りや5人飾りもかさばらないので人気があります。

 

また、購入する際に決めてにするポイントのひとつが「顔立ち」です。昔ながらの切れ長の瞳に細面のものや、丸みのある幼い顔つきのものもあります。わが家は顔立ちと色遣いが気に入った人形を選びましたが、本当に素敵で毎年惚れ惚れしています。

 

関連記事:

ピックアップ

「ベビーフードはだめよ!」手作りにこだわる姉と母に否定され、自分の育児に自信を失いかけて…
「他の園児もできているので…」幼稚園の先生の言葉に撃沈。相談したつもりが突き放された気分に…
「お母さんがまた私の悪口を言ってる…」母の酷い言葉を聞いてしまった。妻は傷をえぐられる気持ちで
<子宮筋腫と妊娠>「リスクが高いです」わかっていても恐怖に襲われる…