なかなか治らない口内炎は病院へ…口内炎の種類と原因

なかなか治らない口内炎は病院へ…口内炎の種類と原因

いつもの口内炎より治りにくい、痛みが強いなど、違和感があれば病気の可能性も。
口内炎からわかる病気についてまとめました。

白くて丸いものができる アフタ性口内炎

食事はもちろん、話す時も痛みを感じる口内炎。

一般的な口内炎は、白くて丸いものが口の中にできるアフタ性口内炎。

原因は、ストレスや疲労で体の免疫力が落ちたためで、だいたい2週間程度で自然治癒します。

赤く腫れたり、潰瘍ができる カタル性口内炎

そして、もうひとつが、刺激が原因でできるカタル性口内炎。

赤く腫れたり、潰瘍ができたりするもので、入れ歯や歯の詰め物が口腔内の粘膜に当たることでも起こります。

カタル性口内炎は、原因がはっきりしているので、例えば詰め物が当たっている場合は歯科医で調整してもらえば改善します。

熱いものを食べて口の中をやけどした場合も、カタル性口内炎ができますが、この場合はやけどの改善とともに治癒します。

関連記事:

ピックアップ

実は楽しい「調査員」の仕事。スキマ時間にできる在宅ワークとしておススメ!
後悔しないために…。シングルマザーの仕事の探し方とは?
子どもを”安全”に”心配なく”留守番させるにはどうしたらいいの?
どうやって在宅ワークを探すの? 求人の探し方と悪徳業者の見分け方