援助交際をする少女が語る「私の親がしなかったこと」会話が途絶えた時に効く“たった一つの問いかけ”

援助交際をする少女が語る「私の親がしなかったこと」会話が途絶えた時に効く“たった一つの問いかけ”

「友達と仲良くしてほしい」「人の話をきちんと聞ける子に育ってほしい」親として誰もが望むことでしょう。では、子どもが人間関係につまずかない為に親としてどんなことができるでしょうか。

児童精神科医の第一人者である佐々木正美先生は、半世紀以上にわたり、子どもの臨床にたずさわりながら、さまざまな親子に寄り添ってきました。

佐々木先生の著書『【新装版】抱きしめよう、わが子のぜんぶ』(大和出版)では、思春期を迎える前に今から知っておきたい子どもへの接し方について、さまざまな親子のエピソードとともに解説しています。

「久しぶりに一緒にお風呂に入ろうか」不登校の高3息子に声をかけた母。その経験がもたらした“驚きの変化”とは

今回は「思春期には、こんなまなざしが大切」より、一部抜粋してお届けします。

まず、子どもの話を聞く

※画像はイメージです

聞いてもらえば、子どもは安心する

小学生や中学生、あるいは高校生になって、友だちと仲良くなれなかったり、先生の話を聞けなかったりする子がいます。

それは、親がそれまで子どもの話を聞いてこなかったことが、原因のひとつかもしれません。

話を聞いてもらったり、聞いてあげるという感性が子どものなかに育っていないのです。

小さな子どもは、親に毎日のさまざまな話を聞いてもらいたいという欲求がとても強いのに、それがずっと満たされなかったのですね。

私のカウンセリングで、援助交際をしてきた子どもたちが延々と自分の話をするのも、小さな頃から親に聞いてもらいたいことがあるのに、それを聞いてもらえなかった不満を成長した今、発散させているのです。

こうした状況を改善するには、どうしたらよいのでしょうか。

前にも少しふれましたが、まず、親自身が人との関係を築けるようになる必要があります。たとえば、お母さんが夫に話を聞いてもらうのもいい。

あるいは、お母さんが職場でも地域社会でも、そのほかのところでもいいのですが、なんでも話すことができる友人を見つけるのもいいと思います。

もちろん、その際には、相手の話も聞かなければいけません。

要は、自分の気持ちを聞いてもらえる人や、聞いてあげる人を見つけることがいいのです。

現在の状況をつくっている、その根本的な原因は、お母さん自身が自分の気持ちを聞いてもらえずに大人になってしまったことにあるのですね。

そうした人が、親になったからといって、子どもの気持ちをゆっくり聞いてあげることはむずかしいでしょう。

ですから私は、お母さんを単純に責めることはできないと思っています。

けれど、だからこそ、話のできる人を見つけてもらいたいのです。診療で、私が相手の話をただひたすら聞き続けるのは、こうした理由があるのです。

関連記事: