痛風は男性だけの病気ではない! 女性もなりやすい時期がある

痛風は男性だけの病気ではない! 女性もなりやすい時期がある

痛風は男性だけの病気ではない。閉経後の女性も要注意!
女性ホルモンのエストロゲンが低下すると女性も痛風にかかりやすくなる。
予防するための生活習慣も紹介。

痛風はどうやって起こるの? 尿酸値、プリン体とは?

風が吹いても痛い病気ということから、痛風と呼ぶようになったと言われるほど、激しい痛みを伴う「痛風」。

この病気は、プリン体が分解されてできる尿酸が体の中に過剰に溜まり、その結晶を白血球が攻撃するために起こります。

もともとプリン体は体の中にある物質。エネルギーの消費や新陳代謝などで遺伝子が分解されることで生まれます。

そのプリン体は過剰になると肝臓で尿酸に代謝され、腎臓と腸管を通って体外へ排出されるもの。

しかし、この尿酸の作られる量と排出のバランスが崩れると、血中の尿酸値が上がってしまいます。

血中の尿酸値が高い状態になると、関節の中に尿酸の結晶ができやすくなります。

それを異物と捉えた白血球が反応して、関節内で炎症を起こすため激痛に。

人気芸人が「我慢できる痛みじゃない!」とネタにするほど、そのツラさは笑いごとではすまないほどなのです。

尿酸値が高いと痛風以外の病気リスクも高まる

痛風の要因は、肥満、ストレス過多、過剰なアルコール摂取、激しい運動、水分の摂取不足、プリン体の多い食事などです。

プリン体が過剰に溜まった状態は、高尿酸血症といい、痛風だけでなく、心筋梗塞や狭心症、脳卒中などのリスクも高まります。

関連記事:

ピックアップ

実は楽しい「調査員」の仕事。スキマ時間にできる在宅ワークとしておススメ!
後悔しないために…。シングルマザーの仕事の探し方とは?
子どもを”安全”に”心配なく”留守番させるにはどうしたらいいの?
どうやって在宅ワークを探すの? 求人の探し方と悪徳業者の見分け方