今も愛される"だるまちゃん"を生んだ絵本作家の作品世界を堪能!八王子市夢美術館で「かこさとしの世界展」

今も愛される"だるまちゃん"を生んだ絵本作家の作品世界を堪能!八王子市夢美術館で「かこさとしの世界展」

日本を代表する絵本作家・かこさとし。2020年2月1日(土)から4月5日(日)まで八王子夢美術館で開催される「かこさとしの世界展 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!」では、絵本原画や資料などで楽しさあふれる作品世界を紹介する。

人気シリーズから科学絵本まで多彩な著作は600冊以上!

『からすのパンやさん』 1973年 偕成社 (C) Satoshi KAKO (C) Kako Research Institute Ltd. 2019

1926年(大正15年)に現在の福井県越前市に生まれたかこは、東京大学工学部の応用化学科を卒業した工学博士でもあるという。

32歳の時に最初の絵本『だむのおじさんたち』を出版して以来、「だるまちゃん」シリーズ、「からすのパンやさん」シリーズといった人気の物語絵本を次々と制作。「からすのパンやさん」で描かれたいろんな形のパンにワクワクしたことがある、という人もいるのでは?

さらに、『かわ』、『地球』、『海』といった科学絵本をはじめ、絵画や歴史、健康にいたるまで、多彩な分野の著作は生涯で600冊を超え、今でも子供たちはもちろん、多くの人々に親しまれている。

絵本制作の原動力は「子供たちのために」という思い

『どろぼうがっこう』 1973年 偕成社 (C) Satoshi KAKO (C) Kako Research Institute Ltd. 2019

青春時代に戦争を経験したかこは、戦後になって、自らの生きる意味を失う。そんな時に児童演劇と関わる機会があり、子供たちとふれあうなかで、これからを生きる子供たちの役に立てるなら生きる意味があるのかもしれないと、希望を見出した。

その後、ボランティア福祉活動(セツルメント活動)として子供会に参加し、紙芝居や幻灯(スライド)などの創作を始めたことが、後年の絵本制作で活かされることに。

創作の出発点となったのは、「子供たちに未来を切り開く力を持ってほしい」という願い。こうした「子供たちのために」という姿勢は、かこの絵本制作の原動力になっている。展示されている絵本からも、きっとその思いが伝わるはず。

関連記事:

ピックアップ

「ジュレーム iP」からディズニーデザインのシャンプー&トリートメントお試し容量セットが10月3日より数量限定で新発売
「ドランク エレファント」から、シルクのようなツヤ髪に仕上げるヘアケア「シルカミノ」シリーズ発売中
京王プラザホテルのクリスマスケーキ2022。希少な白いちご、美しい本やモミの木が芸術的な新作ケーキに
めんどくさがりさんにも!最新アイテムで手軽に温活にチャレンジ