【幼児食のギモン】あめやソフトキャンディーはいつから食べられる?

【幼児食のギモン】あめやソフトキャンディーはいつから食べられる?

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。ポイッと口の中に入れられる手軽なおやつのあめやソフトキャンディー。赤ちゃんはいつから食べられるでしょうか?

 

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。ポイッと口の中に入れられる手軽なおやつのあめやソフトキャンディー。赤ちゃんはいつから食べられるでしょうか?

 

離乳食期はNG!幼児期も後半になってから

あめやソフトキャンディーなどは、離乳食期は食べない方がいいでしょう。さらに言うのであれば、個人的には幼児期前半もあえて食べさせなくてもいいと私は思っています。

 

赤ちゃんがあめなどを食べない方がいい理由

なぜ、赤ちゃんがあめやソフトキャンディーを食べない方がいいのか?その理由をお話します。

 

食べにくい

あめは固いですよね。ソフトキャンディーはよく噛まなくてはいけないうえに、噛み千切りにくくてのびます。これは誤嚥(ごえん)や窒息に繋がる可能性があります。あめやソフトキャンディーのほかにも、グミやキャラメルも同様です。

 

甘みが強い

もうひとつは甘いことです。この甘さに慣れることは、味覚を形成するうえで好ましくありません。また、たくさん食べれば糖分の取りすぎになります。虫歯に繋がることもあるので気を付けましょう。

 

 

関連記事:

ピックアップ

「下の子のほうがかわいい」思わず耳を疑った義父の言葉。そのとき、夫の反応は…!?
「同棲しない?」言ったー!ドキドキの瞬間。彼の返事は…/失敗プロポーズ30
「歯並びが心配だね」1歳半健診で歯科医から指摘されてショック!対策はできるの?
「早ぁぁぁ!軽ぅぅぅ!」おい、やめろ!胸騒ぎがスゴイ… #さく坊馴れ初め 6