「男性保育士に女児の着替えをさせないで・・・」産婦人科医はどうなの?

「男性保育士に女児の着替えをさせないで・・・」産婦人科医はどうなの?

クックパッドベビーをご覧のみなさん、こんにちは!助産師のREIKOです。

 

クックパッドベビーをご覧のみなさん、こんにちは!助産師のREIKOです。

 

「男性保育士に、女児の着替えをさせないで……」。最近、この話題に賛否両論!さまざまな議論がなされていることを、ご存知ですか?その中で、男性産婦人科医師はどうなの?という意見もあるそうです。そこで今回は、男性医師・看護師について、お話ししたいと思います。

 

看護の仕事はもともと男性の仕事だった!?

看護師といえば、フローレンス・ナイチンゲールを思い浮かべる方もいらっしゃるかと思います。しかし、看護師のルーツをたどると、もともとは男性修道士の仕事だったとか。

 

以前は、女性の看護師を「看護婦」、男性の看護師を「看護士」と呼んでいたときもありました。しかし、1991年に男女雇用機会均等法が改正され、それに伴い、保健師・助産師・看護師法でも、「看護師」という名称に変更されたんですよ。

 

男性看護師の活躍の場はいろいろ

男性看護師の数も近年、増加してきています。私が病院で働き始めたころは、男性看護師はほとんどいませんでしたが、今ではたくさんの男性看護師が働いています。私が働いていた看護大学でも毎年全体の約1割は男子学生で、看護師を目指していましたよ。

 

そして、これまでは男性看護師が働くところといったら、手術室や精神科という印象でした。しかし、男性看護師の活躍の場も広がってきていて、一般病棟や救命救急センター、NICU、介護・福祉施設と多岐にわたっています。

 

 

関連記事:

ピックアップ

<女性特有トラブル>「治療は別の病院で」ええ〜!?大パニックで何も考えられなくて…
「愛せるのか…」不安と葛藤があった特別養子縁組。わが子に会った瞬間、私は…【新しい家族のカタチ】
<SNSトラブル>「同情でいいねがもらえる!」コメントの影響でママがとんでもないことを…!?
<PTAトラブル>「転勤決まるまでPTAの役員できるでしょ?」ビシッと言われたママたちが…