ごっこ遊びって単なる遊びじゃなかった!保育士から聞いた話

ごっこ遊びって単なる遊びじゃなかった!保育士から聞いた話

こんにちは。ママライターの田中由惟です。積み木を食べ物に見立てて遊んだり、子どもって「ごっこ遊び」が大好きですよね。保育士から聞いて知ったのですが、ごっこ遊びは単なる遊びではないのだそう。今回は体験を交え、ごっこ遊びが与えるメリットについてお伝えします。

 

こんにちは。ママライターの田中由惟です。積み木を食べ物に見立てて遊んだり、子どもって「ごっこ遊び」が大好きですよね。保育士から聞いて知ったのですが、ごっこ遊びは単なる遊びではないのだそう。今回は体験を交え、ごっこ遊びが与えるメリットについてお伝えします。

 

ごっこ遊びで「社会性」が身につく

 

「いらっしゃいませ」「お待たせしました~」。いつものようにレストランごっこが始まりました。わが子は店員になりきり、おもちゃの食べ物を運んできます。

 

子どもは非日常の空間を作って楽しみますよね。役割を演じる行為、ルールやマナーに従って遊ぶ……。これらは社会生活の原型と言えるのではないかと思いました。ごっこ遊びで学んでいるのは「社会性」だったんです。ごっこ遊びは、ただの遊びではなかったんですね。

 

お友だちとのごっこ遊びにつながっていく

 

1~2歳ごろは「見立て遊び」や食べたマネをするなどの「ふり遊び」が大好きですよね。現在、わが子は3歳ですが「なりきりごっこ遊び」に夢中です。

 

6歳の上の子だと、お友だちと集団でのごっこ遊び。最初は家庭で遊んでいたごっこ遊びが、お友だちとのごっこ遊びにつながっていくことを実感しています。

 

だからこそ家庭で遊ぶことの多い2歳前後は、できる限りごっこ遊びの相手をしてあげたいと思いました。

 

関連記事:

ピックアップ

「思考が山手線だ…」顔はタイプ、条件はほぼクリア!それでも迷うのは…/結婚相談所-夫編-
想像以上にハードで産後に後悔!? 2人目妊娠中にやっておけばよかった3つのこと
「えっ豹変?」25人を一人で保育!問題なく見えた子が驚愕の行動に!?【保育園のお話 手がかかる子!?編1】
【ユニクロ】1本あればコーデがキマる!体型カバーできる美シルエットのペグトップデニムって?