ごっこ遊びって単なる遊びじゃなかった!保育士から聞いた話

ごっこ遊びって単なる遊びじゃなかった!保育士から聞いた話

こんにちは。ママライターの田中由惟です。積み木を食べ物に見立てて遊んだり、子どもって「ごっこ遊び」が大好きですよね。保育士から聞いて知ったのですが、ごっこ遊びは単なる遊びではないのだそう。今回は体験を交え、ごっこ遊びが与えるメリットについてお伝えします。

 

こんにちは。ママライターの田中由惟です。積み木を食べ物に見立てて遊んだり、子どもって「ごっこ遊び」が大好きですよね。保育士から聞いて知ったのですが、ごっこ遊びは単なる遊びではないのだそう。今回は体験を交え、ごっこ遊びが与えるメリットについてお伝えします。

 

ごっこ遊びで「社会性」が身につく

 

「いらっしゃいませ」「お待たせしました~」。いつものようにレストランごっこが始まりました。わが子は店員になりきり、おもちゃの食べ物を運んできます。

 

子どもは非日常の空間を作って楽しみますよね。役割を演じる行為、ルールやマナーに従って遊ぶ……。これらは社会生活の原型と言えるのではないかと思いました。ごっこ遊びで学んでいるのは「社会性」だったんです。ごっこ遊びは、ただの遊びではなかったんですね。

 

お友だちとのごっこ遊びにつながっていく

 

1~2歳ごろは「見立て遊び」や食べたマネをするなどの「ふり遊び」が大好きですよね。現在、わが子は3歳ですが「なりきりごっこ遊び」に夢中です。

 

6歳の上の子だと、お友だちと集団でのごっこ遊び。最初は家庭で遊んでいたごっこ遊びが、お友だちとのごっこ遊びにつながっていくことを実感しています。

 

だからこそ家庭で遊ぶことの多い2歳前後は、できる限りごっこ遊びの相手をしてあげたいと思いました。

 

関連記事:

ピックアップ

「裏切ってスーツとかないよねぇ…!?」普通の服って何!?初の参観日、ママも子どももドッキドキ
<再婚相手が神!>「本当に好きなら…」不意打ちは反則!夫のまさかの行動に胸キュンが止まらない♡
<手が出る子>「なんでなんだろう…」友だちに叩かれた息子。そのとき、母が思ったこと
<SNSトラブル>「モラハラ夫に負けないで!」SNSの投稿コメントを見たママが予想外の行動に…