【先輩ママが教える】卒乳と断乳。その意味合いとメリットとデメリット

【先輩ママが教える】卒乳と断乳。その意味合いとメリットとデメリット

こんにちは。ママライターの小林まなみです。授乳ママの中には卒乳と断乳の違いがよくわからない方もいると思います。そして、授乳中は周りの人からも、いろいろと言われることが多いですよね。私自身もそうでした。ここでは、そんな授乳ママに読んでもらいたい卒乳と断乳についてご紹介します。

 

こんにちは。ママライターの小林まなみです。授乳ママの中には卒乳と断乳の違いがよくわからない方もいると思います。そして、授乳中は周りの人からも、いろいろと言われることが多いですよね。私自身もそうでした。ここでは、そんな授乳ママに読んでもらいたい卒乳と断乳についてご紹介します。

 

卒乳と断乳の違い

卒乳とは、母乳やミルクを飲んでいる子どもが自分の意思で飲むのをやめること。断乳とは、親の都合で授乳をやめさせることだといわれています。

 

私は当初この違いがよくわかっておらず、どちらも同じ意味なのだと思っていましたが、実際はまったく違いました。ママの中には職場復帰する方もいますし、もともと母乳があまり出ず、早めに離乳食に切り替えるママもいます。

 

私はとくに急いでやめる理由もないので卒乳を選び、現在、子どもは2歳半ですがまだ授乳中です。

 

それぞれにメリットとデメリットがある

助産師さんによると卒乳は子どもがその日を自分で決め、その分安心感が長く続くため、その後の子どもの精神安定に繋がるのだそう。親は何も決めないので、ひとりで外出できない、飲酒できないなどの制限は長期間に及びます。

 

断乳は親がその日を決めるため、職場復帰予定のママだとその後とても楽です。子どもは急に母乳やミルクが飲めなくなるので不安になったりするかもしれませんが、ある程度、言葉がわかる年齢なら話をすれば理解するそうです。

 

 

関連記事:

ピックアップ

「パパじゃない!」わが子のことより携帯に夢中な夫。娘の発言にショックを受けて…
「思ってたんと違う!」出産は想定外の連続!だけど… #思ってたんと違う無痛分娩レポ 19
全力で育児に向き合う日々。娘から泣きそうな顔で「笑って」と言われて…
「救急車は呼ばないで!」パニックで正確な判断ができず…/卵巣のう腫が消えた#6