おっぱいが赤く腫れて高熱が!私が体験した乳腺炎の症状と対処法

おっぱいが赤く腫れて高熱が!私が体験した乳腺炎の症状と対処法

こんにちは。ママライターの伊川遥です。私が体験した乳腺炎のおもな症状は、発熱、おっぱいが赤く腫れる、シコリができて授乳してもほぐれない、母乳を赤ちゃんが飲んでくれないというものでした。今回は、私を悩ませた乳腺炎の症状と対処法をご紹介します。

 

こんにちは。ママライターの伊川遥です。私が体験した乳腺炎のおもな症状は、発熱、おっぱいが赤く腫れる、シコリができて授乳してもほぐれない、母乳を赤ちゃんが飲んでくれないというものでした。今回は、私を悩ませた乳腺炎の症状と対処法をご紹介します。

 

乳房のシコリや発熱など困った症状

 

乳腺炎で高熱を出すときは、前段階に乳房にシコリができて授乳後もシコリが残ってしまう、という症状がありました。

 

吸わせる角度を変えたり、飲んでいる間もずっとシコリを軽く指で押してなるべく赤ちゃんに吸ってもらうようにしましたが、それでもシコリによる詰まりが解消されないと翌日には高熱が出ました。このシコリの段階で授乳回数を増やし詰まり解消ができれば、熱は出ませんでした。

 

乳腺炎は授乳しても激痛!

 

乳腺炎は発熱することが多かったですが、熱はなくても乳管が詰まることによって乳房が真っ赤に腫れてしまい、授乳するたびに激痛!しかも、詰まっているおっぱいは出が悪く、赤ちゃんが乳首を噛んだりして二重苦でした。

 

出の悪いおっぱいは赤ちゃんにとって、「かちかちのマックシェイクを細いストローで吸うようなもの」というたとえ話を聞き、「そりゃ怒って乳首噛むよね。出ないもんね……」と納得しました。

 

関連記事:

ピックアップ

「マジかよ…」デート当日、告白の答えは真っ白!?最後の決断は…/結婚相談所-夫編-
「ひぃ〜っ」公園のじゃぶじゃぶ池で娘の足に起きた惨事とは?【ママならぬ日々162話】
2人目出産後、心身が苦しくなり…育児がつらかった私を救ってくれたもの
子どもが欲しい人は要チェック!2022年4月から不妊治療に保険が適用されます!