“疲れる”ってことは“頑張ってる”ってこと、「洗濯物たたむのやーめた!」“やらなくていい家事”『最高ズボラ生活』のモチコさんにインタビュー

“疲れる”ってことは“頑張ってる”ってこと、「洗濯物たたむのやーめた!」“やらなくていい家事”『最高ズボラ生活』のモチコさんにインタビュー

インスタのフォロワーが18万人のモチコさんは、娘・イチコちゃん(10歳)と息子・二太郎くん(7歳)と夫の4人暮らしの漫画家・イラストレーター。モチコさんは、今年1月に発売した書籍『あれこれやめて気楽に生きたい 最高ズボラ生活』の中で、“やらなくていい”と感じた家事や育児を紹介し、「ズボラでもいいと気楽になれた」「うしろめたさから解放された」とママの間で話題になりました。

今回は“自称・ズボラ”というモチコさんに、書籍を描くことになったきっかけや、やってよかったズボラテク・使ってよかったズボラグッズ、ズボラでよかったこと・失敗談などをお聞きしました。

家事や育児の“最低限”のレベルは人それぞれ。ズボラでも楽しく生きられる

――書籍『あれこれやめて気楽に生きたい 最高ズボラ生活』を描いたきっかけはなんでしょうか?

モチコ「元々音声配信サービスの“Voicy”で自身の“ズボラ”について発信していたことを本にしました。ズボラを発信したきっかけは、『こんなにズボラでも人間ってご機嫌に生きられるんやで』というのを見て欲しいと思ったからです(笑)。

私の周りのママ友を見ていたら、毎日すごくがんばって家事や育児をしているのに『私は全然できてない……』という人が多いんです。よく『モチコちゃんは仕事もしていて家事はどうしているの?』と聞かれるんですが、『家事は最低限しかしてないからだよ』と答えると、『私も最低限しかしてないよ』と言われるんです。でもその“最低限”のレベルが、私からすると全然“最低限”じゃなくて、みんなすごすぎるー!と思います。

やりたくてやっている家事なら問題ないんですが、『あれもこれもやらなきゃ!でもできてない!ストレス!』ってなっているなら、それはちょっと辛いですよね。なので『この家事、わが家はしてないけどいい感じだよ』『こんなに家事してなくても楽しく生きられるよ』というのを伝えようと思って、わが家のズボラを発信しています」

モチコさん流ズボラテク。洗濯物はたたまなくていい!?

――モチコさんは自身のどんなところが“ズボラ”だと思いますか?

モチコ「どんなところがというと難しいですが『全てにおいて』ですかね……(笑)。布団の中で生きられるならそうしたいです。でもごはんや洗濯など、生きるためには家事をしないといけないので、本当に最低限やっています。

あ、でもお仕事は真面目にしています!育児も、子どもたちが大人になったときにあまり困らず、幸せに生きられるように真面目にやっています」

――モチコさんが「もっと早くやっていればよかった!」と思ったスボラテクニックはなんでしょうか?

モチコ「“洗濯物をたたまなくていい”というのはもっと早くやっていれば良かったなと思います。あとは、もっと夫と家事を分担できれば良かったなというのも。現在夫には洗濯物やお風呂掃除、食器洗いを任せています。これからもよろしくね!(ハート)」

関連記事: