年120万貯める主婦が”お金が貯められなかったとき”にやっていた3つのこと

年120万貯める主婦が”お金が貯められなかったとき”にやっていた3つのこと

今や年120万円貯める主婦にも、貯められなかったときがありました。

その貯められなかったときにやっていた3つのことを、年120万円貯めるさくのんさんに教えてもらいました。

1.余ったら貯金

今考えると、それは貯まらないでしょ!と突っ込みたくなるのが「余ったら貯金」です。家計管理をせず、食品も日用品も使いたいだけ使い、レジャー費も気にせずお出掛けしたいだけし、余ったらラッキーと思いながら貯金していました。

しかし貯めたいなら、まずは「先取り貯金」ですよね。貯めたい額をきちんと算出して、先に貯金口座へ移し、残ったお金で生活するように変えただけで、決まった額貯金できるようになり、安心して残ったお金を使うことができるようになりました。

2.なんとなく外食

貯められないときは、休みの日はなんとなくお出掛けして、なんとなく外食をしていました。

外食費って、家族の人数にもよると思うのですが、一度行くと大きな出費になるんです。特に、予定外の外食はクーポン情報がなかったり、混雑していてお店に入るのに時間がかかってしまったり、家族が食べたいもので意見が割れたりと、いいことありません。外食をするなら、あそこのあれが食べたい、などの明確な理由をもって外食するようにしました。

また、「疲れたから外食」を、冷凍食材のストックや疲れた日の簡単メニューを用意するというちょっとした工夫でなくしました。

関連記事: