いつもの食事で簡単にできる花粉症対策!本格的に飛散する前に始めよう

いつもの食事で簡単にできる花粉症対策!本格的に飛散する前に始めよう

いよいよ花粉症の人にとってはつらいシーズンが到来。わずかではあるけれど、すでに花粉が飛散している地域もあるのだそう。本格的な飛散が始まる前に、早めに対策して、できるだけ症状が出ないようにしたいもの。管理栄養士の米倉れい子さんに、いつもの食事で簡単にできるセルフケアについて教えてもらった。

約7割の人に花粉症の症状あり!? みんなのセルフケア法

オズモールのアンケートによると、花粉症の人は、疑いがある人も合わせると約7割。症状は、くしゃみ、鼻水、目のかゆみに特に悩まされている人が多かった。そのほか、「肌が荒れる」「のどがいがいがする」「涙が出る」といった症状も。

花粉症の人のうち、大半が病院で処方された薬や市販薬を服用しているけれど、そのほかにセルフケアを実践していて、特に「ヨーグルトなどの乳酸菌を毎日摂取する」「毎朝納豆を食べる」「紅茶を飲む」「玄米を食べる」「炭水化物を控える」など、食事や食生活での対策を心がけている人が多かった。

ヨーグルトって、本当に花粉症の予防に効果があるの?

花粉症のセルフケアの基本は、外出時にマスク、メガネをして原因となる花粉を少しでも体内に入れないようにすること。外出から帰ってきたらすぐに顔を洗い、うがいをすることで少しでも症状を軽くすることができる。また、ストレス、睡眠不足、飲み過ぎは症状を悪化させる因子となるので、要注意。

アンケートではヨーグルトを食べている人が多かったけれど、実際に症状緩和や予防に効果があるの?
「現時点でこれを食べれば効くという即効性のある食材は明らかにはなっていません。ただし、免疫に関わる細胞が腸内に多く存在するということから、腸内環境を整えることは、免疫力に影響すると考えられますね。腸内環境を整えるために、乳酸菌などの発酵食品を食生活に上手に取り入れるのは、セルフケアのひとつにはなると思います。ヨーグルトや納豆、キムチ、ぬか漬けなどは常備しやすく、手軽に食べられるのでおすすめです」(米倉さん)

関連記事:

ピックアップ

「ジュレーム iP」からディズニーデザインのシャンプー&トリートメントお試し容量セットが10月3日より数量限定で新発売
「ドランク エレファント」から、シルクのようなツヤ髪に仕上げるヘアケア「シルカミノ」シリーズ発売中
京王プラザホテルのクリスマスケーキ2022。希少な白いちご、美しい本やモミの木が芸術的な新作ケーキに
めんどくさがりさんにも!最新アイテムで手軽に温活にチャレンジ