男子柔道日本代表監督 鈴木桂治、ダウン症の三女の誕生をきっかけに人生観が変わった。「障害のある子も思いきり遊べる場所を」道場設立への思い

男子柔道日本代表監督 鈴木桂治、ダウン症の三女の誕生をきっかけに人生観が変わった。「障害のある子も思いきり遊べる場所を」道場設立への思い

2024年夏のパリ五輪で男子日本代表を率いる鈴木桂治監督(43歳)が、1月に自身の柔道場「KJA道場」をオープンしました。
道場設立のきっかけは、22年9月に誕生した三女の稀子ちゃん(1歳6カ月)がダウン症候群と診断されたことでした。鈴木監督は、妻(41歳)、長女8歳(小学校3年生)、二女7歳(小学校1年生)、長男3歳(年少)、三女・稀子ちゃんの6人家族。「いずれは道場を療育施設としても機能させるように準備している」と話す鈴木監督に、稀子ちゃんの成長の様子や、道場設立の思いについて聞きました。全2回のインタビューの2回目です。

いろんなところへ一緒に出かけ、人のぬくもりを経験させたい

――稀子ちゃんは妊娠中から心臓の先天性疾患・ファロー四徴症があるとわかり、生後2週間ごろにダウン症候群と診断されたそうです。現在の稀子ちゃんの成長の様子を教えてください。

鈴木監督(以下敬称略) 稀子は生後3カ月で心臓の手術を受けました。なかなか体重が増えなくて苦労した時期もありましたが、今はすごく元気で、食事もきょうだいたちと同じようにしっかり食べて、むしろちょっと太ってきているくらいです。

ファロー四徴症の手術前には授乳もなかなか受けつけない感じで、ミルクを飲むのにすごく時間がかかっていたのが、今はごはんをしっかり食べるということはそれだけ心臓もよくなってきていることなのかな、と少しほっとしています。しっかり食べて、よく寝て、1歳半の現在は15歩くらいひとり歩きができるようにもなっています。何かにつかまって立って、よちよち歩くのがとても楽しいようです。

――稀子ちゃんは療育などに通っていますか?

鈴木 少し前まで、食べる練習をする療育に通っていたんですが、もう卒業でいいですよと言われ、今は通っていません。稀子は口に入れた食べ物をかむ回数が少なく、飲み込んでしまいがちなので、療育では「しっかりよくかむことをさせてください」と指導されました。僕も食事のときには、「いーっ」として口と歯を見せて、口に食べ物を入れたら「もぐもぐ」とよくかむ様子を見せながら、一緒に食べています。最近は歯も生えそろってきて、上の子たちが食べているものにも興味を持って食べるようになりました。

心臓の定期検査のため、手術直後は月1回の検査に行っていましたが、しだいに3カ月に1回になり、今後は1年に1回の通院がある予定です。

――稀子ちゃんの成長について家族で話し合っていることは?

鈴木 妻は、稀子がなにかできるようになったらすぐに動画を撮って送ってくれます。たとえば、稀子は最近までコップの水をストローで飲めなかったんです。ダウン症の特徴で舌が長いため、ストローをくわえて口をぎゅっと閉じることができなかったからです。それが、つい2〜3日前に突然ストローで飲めるようになって、妻がその様子を収めた動画を送ってくれました。

僕は、稀子を積極的にいろんなところに連れて行くことを心がけています。稀子にいろんなものを見てほしいし、いろんなことを実際に感じてほしい。そして、いろいろな人に触れてもらって、人のぬくもりをどんどん経験させていきたいと思っています。

稀子の居場所を作ることで、存在意義を感じてほしかった

――鈴木監督は2024年1月に、障害児の発達支援も視野に入れた柔道場をオープンしたそうです。開設のきっかけは?

鈴木 稀子が生後2週間でダウン症候群と診断されたとき、稀子の成長には療育が必要なことや、医療的ケアが必要になる可能性の話もありました。それを聞いて、この子をどういうふうに育てていこうか、と妻と話し合いました。当時、妻は少し産後うつのような状況でもあったようで「4人の子育ては私には無理かもしれない」とふさぎ込んで、子育ての自信を失くしてしまっていました。

上の子たちの幼稚園の同級生で、療育を受けているお子さんもいたので知識がないわけではありませんでしたが、実際に障害のある子を育てる親目線で物事をとらえられるようになったとき、親はこんなにも悩むものだと気づきました。まして自分のいちばん近くにいる妻が苦しんでいる状況です。なるべく妻に負担をかけないように、自分も一緒に子育てをするにはどういう方法がいいのか、考えるようになりました。

僕は2年ほど前から、保育園や幼稚園に出張して柔道を教える教室を運営していました。でも拠点を持っていなかったんです。そこで拠点となる道場を作ると同時に、身体障害や発達障害がある子どもたちが少しでも楽しく遊べる場所を作ってあげたい、と考えました。そうすれば、稀子が安心して過ごせる場所にもなるし、妻の負担も軽くなるのでは、と思いました。

――まずは家族のためというところからだったんですね。

鈴木 はい。家族のことを第一に考えたことですが、それがまわりの人にも役に立てばいいかなと思っています。稀子が生後3カ月で心臓の手術をしたあと、医師から「ダウン症の子は敏感で、周囲の雰囲気から自分の存在に否定的になることがある」と聞きました。だから、稀子が自分らしくのびのびと過ごせる、稀子のための場所を作れば、自分が大切にされていることや、自分が存在している意義を感じることにつながるのでは、とも思ったんです。

関連記事: