「うちの子の偏食が気になる…」子どもの偏食、原因と親のNG行動を栄養士が解説

「うちの子の偏食が気になる…」子どもの偏食、原因と親のNG行動を栄養士が解説

子どもの偏食は、多くのママやパパが頭を抱える問題のひとつです。成長過程の一部とはいえ、特定の食べ物を食べたがらないことで、栄養不足や発育に不安を感じることも少なくはないでしょう。そこでこの記事では、管理栄養士が偏食の原因と対処法をわかりやすくお伝えします。

子どもの偏食でよくあるお悩み

偏食とは、特定の食べ物を口にしようとしない、または特定のものしか食べないことです。食べ物の好き嫌いが激しい状況ともいえます。偏食で心配なのは、栄養素が不足しがちになり、成長や発達に影響を及ぼす可能性がある点です。無理に対策しなくても成長とともに偏食がなくなる場合も多くありますが、子どもの健やかな成長を支えるためにも他の同じような栄養素の食べ物で代替しつつ、偏食をなくしていく工夫をしましょう。

子どもが偏食になる理由

子どもが偏食になるのは、味の好みだけでなく、成長過程にある子どもならではの理由があります。理由を理解できると対処がしやすくなるので、詳しくみてみましょう。

関連記事: